REGARD

リノベーションするならぜひ知っておきたいメリット・デメリット

ライフスタイルや趣味に合わせて住宅環境を作り替えるリノベーションが注目されています。国も後押しする中古マンションや中古住宅のリノベーションが、若い人を中心として増えてきました。ここでは、リノベーションするならぜひ知っておきたい、メリットやデメリットについて、分かりやすく解説したいと思います。

リノベーションってリフォームとどう違うの?

リノベーションとは、住宅のスケルトン(構造躯体)のみに解体して、内装や住宅設備機器などを全て作り変えることで、リフォームよりも大規模な家の改修となります。リノベーションすることで、室内の住設機器を全て新品にして、室内を新築と同じように刷新することができるという特徴があります。国としても、日本中にある中古住宅を活用するための政策を積極的に出しており、フラット35などの住宅ローンも中古住宅の購入やリノベーションの費用に対応しています。

リノベーションをするメリット・デメリット

リノベーションするメリットは、都心の良い立地に新築よりもコスト面で安く建てることができることです。自分の好きな間取りや内装をアレンジできる可能性があり、家づくりを楽しみたい人には魅力のある方法と言えます。とはいえ、スケルトンの条件に合わせる必要があるため、思ったようなアレンジができなかったり、耐久性に不安を感じたりするデメリットもあります。リノベーションする際の注意点として、内装にこだわりすぎると時には高くついたり、工事に時間がかかってしまうことがあります。

リノベーションのことなら専門家に相談しよう

中古物件のリノベーションでは、新築よりも安いコストで、家づくりの楽しみを体験することができ、若い人から注目を集めています。とはいえ、物件探しとリノベーション内容を同時に考える必要があり、建物について勉強も必要となります。また、物件を取り壊してみないと構造が分からないこともありますから、住まいのプロに相談するのが良い方法です。これまで手がけた数々のリノベーションの知識を参考にして、よりよい住まいプランを立てていくことができるでしょう。

まとめ

中古物件をリノベーションすることで、都心の立地の良い場所でも安いコストで、自分の好みに合わせてアレンジすることができます。物件探しとリノベーションを同時に検討して、住まいづくりの楽しみを体験してみましょう。

CATEGORY

注文住宅,