≪よくある質問≫地震対策、耐震性能だけでは不十分な理由🏠

地震大国日本、
これからお家づくりをされる方は、当たり前に「地震に強い家」を目指されると思います。
地震が発生しても倒壊しない家、災害後も住み続けられる家づくりについて、調べていくと
まずは、『耐震等級3』の取得について、耳にされると思います。

そこで今回は、『耐震等級3』に関するご質問にお答えします。

地震対策、耐震性能だけで大丈夫?

icon

耐震等級3と許容応力度計算を実施すれば、地震に対してはバッチリですか?

icon

いえ、まだ物足りないです!

icon

ええ、まだ足りないのですか?何故でしょうか。

icon

はい。何故ならば、複数回の地震に耐える、という観点が抜けているからです!

icon

余震などでしょうか。

icon

その通りです。余震はもちろんのこと、例えば2016年、熊本地震は大きな地震が2回きてしまいました。
地震に対しては、『耐えられるか』ということももちろん大切ですが、『住み続けられるか』という視点も重要になってきますよね。

icon

たしかに、一度耐えられるだけでは、その後住み続けられるかどうか不安です。

icon

そのために必要な対策について、別の動画で詳しく解説しているので、ぜひそちらをご覧いただいて、安心安全な家づくりをしてほしいです!

icon

動画、しっかりチェックしたいと思います。ありがとうございます。

icon

その他、注文住宅に関するご質問やご相談も承ります。
是非、お気軽にお申込みください。

お申し込みはこちらから!
WEB個別相談会実施中!
 
 
 

家づくり初心者の方向けのマイホームセミナー詳細はこちらから!