≪よくある質問≫諸費用って、どのくらいかかるの?②🏠

注文住宅を購入する際は、土地代と建物代以外に「諸費用」がかかります。
資金計画を立てる際には、この諸費用も含めて計算しないと、
あとから予算オーバーにつながったり、こだわりたい箇所を諦めたりする必要が出てきてしまいます。

前回に引き続きそんなお悩みを払拭させるべく、
『諸費用』についてのご質問にお答えします。

*諸費用について前編はコチラ*

諸費用ってどのくらいかかるの?②

icon

諸費用について後編の4~6つ目を教えてください。

icon

かしこまりました。
前編では、大きく6つあるうちの3つまで解説しました。
今回も、諸費用の大枠の種類と金額感を具体的に解説します。

icon

よろしくお願いします。

icon

4つ目は、住宅ローンに関する諸費用です。
具体的には、
ローンの借り入れをするための手数料や保証料、
つなぎ融資という費用もかかる場合もあります。
手数料や保証料は、借入額の約2.2%がかかることが多いです。
例えば5,000万円の借り入れをすると、110万円ほどはかかります。

icon

なるほど。5,000万円の借り入れをすると、110万円、分かりやすいです。

icon

5つ目は、建物の登記費用です。
表示登記と保存登記という登記が必要です。あわせて30万円ほどは見ておきましょう。

icon

なるほど、こちらも額が大きいですね。

icon

最後6つ目は、火災保険・地震保険です。
こちらは、住宅の性能や耐震等級によっても金額が変わってきます。
数十万円はかかるので、見込んでおきましょう。

icon

性能や等級で金額差があるのですね。分かりました。

icon

これら6つの諸費用を考えると、500〜1,000万円はかかってくるので、総予算の計画を立てる際は気をつけましょう!

icon

諸費用の内訳が分かり、安心しました。ありがとうございます。

icon

注文住宅に関するご質問やご相談も承ります。
是非、お気軽にお申込みください。

お申し込みはこちらから!
WEB個別相談会実施中!

 
 
 

↓ 動画でもチェック! ↓

REGARD リガード建築実例はこちら
記事一覧はこちら