REGARD

浴室をオーダーするときにぜひ気をつけたい5つのポイント

システムバスをオーダーして、お風呂にこだわりたい方は少なくないことでしょう。身も心も癒される、自分好みのデザインの浴室にするために、注意することのできるいくつかのポイントがあります。ここでは、お風呂をリフォームするときに気をつけたい5つのポイントについて、分かりやすく解説したいと思います。

浴室をオーダーするときに気をつけたい5つのポイント

1.イメージを膨らませる

自分好みの気持ちいいお風呂にするために、どんなシステムバスが欲しいのかというイメージを膨らませ、言葉やスケッチなどで建築家や設計者に伝えましょう。

2.お風呂の浴槽選び

足を伸ばしたり背中にフィット感があるなど、色や形状など好みのデザインの浴槽を選びましょう。人造大理石製・FRP製ではサイズや形状ともに種類が多く、木製・ホーロー製・ステンレス製・陶器・タイル貼り製などでは、一点物という感覚を楽しめます。

3.バスルームのインテリア

大きめの窓やテラス窓などをコーディネートすると、開放感のあるバスルームにすることができます。インテリアとして照明を工夫することで、柔らかで幻想的な雰囲気を生み出すことができます。

4.水栓金具やシャワーを選ぶ

機能性やデザイン性を高めた水栓金具やシャワーが増えており、節水機能や安全性への配慮だけでなく、モダンなデザインのシステムバスを楽しむことができます。

5.ミストサウナやテレビ・音楽を楽しむ

ミストサウナが搭載された浴室暖房乾燥機や、テレビやオーディオを組み込むことで、入浴しながらテレビ番組や音楽を楽しむことができます。

浴室のオーダーのことなら住まいの専門家に相談してみよう

システムバスのバリエーションが豊富になっており、デザインや機能性が高いバスルームを選べるようなっています。注文住宅を建てたりリフォームをする際にも、浴室の浴槽や照明にこだわることで、自分好みのお風呂にすることができるでしょう。セミオーダー住宅のプロ・リガードなら、あなたの要望に合わせた浴室を提供いたします。浴室のオーダーのことで何か疑問点や不安なことがあれば、気軽にご相談ください。

まとめ

機能性やデザイン性を高めたシステムバスが充実しており、お風呂のオーダーやリフォームを楽しむことができます。こだわりの優先順位を明確にして、自分好みの快適なバスルームを実現しましょう。

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る