REGARD

【これぞ男の憧れ……】秘密基地のような屋根裏部屋を紹介します

秘密基地のような屋根裏部屋って、男の憧れですよね。暗くて狭いイメージのある屋根裏部屋ですが、ちょっと工夫するだけで自分こだわりの隠れ家的な空間になるのです。ここでは、これぞ男の憧れと思える、秘密基地のような屋根裏部屋を、画像と共にご紹介したいと思います。

収納やインテリアを工夫した屋根裏部屋

屋根裏部屋の用途として多いのが収納ですが、棚やかごなどをうまく利用してインテリアを取り入れるだけで、普段の生活から離れた隠れ家的な空間へと変化します。



暗くて狭い印象の屋根裏部屋であれば、窓をつけて明るくしたり、白を基調とした壁紙や木の温もりが感じられる棚にすることで清潔感ややさしさを出せます。



窓を大きくすると光が差し込んで明るい屋根裏部屋になります。エアコンを取り付ければ、夏場でも涼しく過ごせます。



男の憧れ!秘密基地のような屋根裏部屋

趣味やくつろぎのスペースとして、秘密基地のような屋根裏部屋を楽しんでいる方が多くおられます。読書や音楽が好きの方は、たくさんのレコードやアルバムに囲まれて至福の時間が過ごせます。



屋根裏部屋で窓からの景色を眺めながら、ペットと一緒にワインを楽しむのもいいでしょう。



絵画やアンティークなどを並べて、自分の趣味の部屋にするのも憧れですね。



屋根裏部屋のことなら住宅の専門家に相談してみよう

秘密基地のような屋根裏部屋を想像しただけで、なぜかワクワクしてきますね。屋根裏部屋といっても、暗くて狭い物置や納戸としての役割だけではなく、隠れ家的でリラックスできる極上の空間を楽しむことができるのです。自分こだわりの屋根裏部屋を作りたいと考えているなら、一度住宅の専門家に相談してみるのがよいでしょう。専門的な知識を持ったセミオーダー住宅のプロ・リガードなら、あなたに合った住まいを提案いたします。気軽にご相談ください。

まとめ

秘密基地のような自分だけの屋根裏部屋って、憧れですよね。自分の趣味や時間を大拙にできる、隠れ家的な屋根裏部屋にリフォームして、満足できるマイホームづくりを実現しましょう。

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る