REGARD

家の外の騒音がうるさいなーと悩んでいるあなた。それって窓を変えれば解決するかも

静かで快適な暮らしを実現するために、遮音や防音性は大切な性能の一つと言えます。騒音の問題は人によっても感じ方が異なり、だれもが被害者にも加害者にもなりうるデリケートな問題です。騒音がうるさいなーと悩んでいる方でも、窓をリフォームすることで解決できるかもしれません。ここでは、遮音性のある窓でできる騒音対策について、分かりやすく解説したいと思います。

窓を変えれば騒音は解決するかも

今住んでいる家の騒音がうるさくて、困っている方も少なくないことでしょう。住宅が大きな道路に面していて夜中まで交通騒音がうるさかったり、日常的にピアノを弾くため外に音を漏らしたくないなど、窓を通して伝わる騒音の問題はたくさんあります。中には、子供が遊ぶ声がうるさいと近隣住民からクレームが寄せられ、園庭で遊ぶ時間が制限されている保育園や幼稚園もあるようです。とはいえ、その騒音問題も窓をリフォームすることで、解決できるかもしれないのです。

遮音性や防音性を高めた窓ガラス

窓の性能は、サッシとガラスの組み合わせで決まり、遮音性や防音性はT-1~T-4までの等級で区分されてています。Tのあとの数字が大きい方が、空気伝搬音遮断性能が大きいことを表しています。窓ガラスの防音性能を高めるためには、異なる厚さの複層ガラスを組み合わせたり、窓と窓の間隔を広げることができます。遮音性・防音性の高い窓として、一般的に防音合わせガラスもしくは二重サッシがよく利用されています。他にも、防音特殊フィルムを挟んだガラスにすることでも、防音効果を得ることができます。

窓ガラスの防音対策のことなら住宅の専門家に相談してみよう

ガラスは薄いものよりも厚みがある方が遮音効果が高く、複層ガラスや防音ガラスを利用するだけでも、騒音問題を軽減することができます。複層ガラスなどの建材にリフォームして騒音問題を解消することで、心地よく過ごせるようになるでしょう。とはいえ、遮音性や防音性の高い窓のリフォームには理解しづらい専門的なポイントも多いですから、疑問点などあれば住宅の専門家に相談してみましょう。

まとめ

遮音性や防音性の高い建物や窓ガラスにリフォームすることで、騒音問題を解決できるかもしれません。ご近所の方との良いコミュニケーションも保ちつつ、心地よく過ごせる住まいづくりを実現しましょう。

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る