≪よくある質問≫床下エアコンを採用する際に
気をつけないと失敗する条件とは?!🏠

床下エアコン 注意点

お家づくりをスタートされる際、住まいの『快適性』を求めて、
「空調設備選び」に悩まれる方、少なくないかと思います。
今回は、特にご質問の多い『床下エアコン』に関するご質問にお答えします。
床下エアコンは新築時に設置することが一般的なため、気になる方はタイミングを逃さないことが大切です。

*床下エアコンを採用すべき2つの理由はコチラ*

床下エアコンを採用する際、注意するべきポイント

icon

床下エアコンが良い設備ということはわかったのですが、デメリットなどあれば教えてほしいです!

icon

任せてください!
今回は、床下エアコンを採用する上で気をつけなければいけないポイントを3つご紹介します!

icon

よろしくお願いします。

icon

1つ目は、気密性がしっかり取れていないと意味がないということです!
床下エアコンは、床の下にエアコンの風を送り出し、
床下全体に暖かい空気を行き渡らせる必要があります。
気密性が取れていないと、空気がうまく回らなかったり、基礎から空気が漏れてしまい、家の中もあたたまりにくくなってしまいます。

icon

なるほど。ここでも気密性が大切なんですね。

icon

2つ目は、通常のエアコンに比べると、初期コストがかかることです!
床下エアコン設置のために、床の加工や造作台などをつくる必要があるので、
少し初期コストがかかります。
ただ、床暖房よりは低コストで済むことが多いです。※こちらの写真は、一例ですが、
フロント部分に格子状のものを取り付けたベンチと一体の造作です。

icon

なるほど。そういった部分に費用が発生するのですね。

icon

最後3つ目は、家中全体があたたまるまでに時間がかかるということです。
床下から2階まで空気を行き渡らせる必要があるので、あたたまるまで時間を要します。
冬場は基本的には、連続運転を推奨しています。
連続運転を採用するためには、高性能なお家が必須となりますので、その点も注意が必要です。

icon

そうなんですね。いずれにしろ高性能なお家は必須条件ですね。

icon

これらの3つの注意点を考慮しないと、ムダにコストがかかったり、冷暖房効果が悪くなってしまうので、気をつけましょう!

icon

注意点も踏まえて検討してみます。

icon

その他、注文住宅に関するご質問やご相談も承ります。
是非、お気軽にお申込みください。

お申し込みはこちらから!
WEB個別相談会実施中!

 
 
 

↓ 床下エアコン気を付けるポイントに関する動画はコチラ ↓

REGARD リガード建築実例はこちら
記事一覧はこちら