REGARD

意外なところにスペースが!トイレを最大限活用する収納術とは

トイレットペーパーやトイレ掃除用具を、どこにしまっていますか?便座に座って見たらトイレットペーパーが切れていて、ストックが頭の後ろの吊戸棚に入っていたら、手が届かず不便ですよね。ここでは、お客にも好感をもってもらえて、スッキリ片づけられるトイレの収納リフォームについて、分かりやすく解説したいと思います。

トイレットペーパーやトイレ掃除用具はどこにしまう?

トイレの中をスッキリ片づけるために、使用する物用と収納用、インテリア用の3種類のスペースを作ってみましょう。トイレの便座に座った姿勢で使えるように、トイレットペーパーや衛生用品などの収納ケースを作ると、いざという時にも便利に取り出せます。次に、ストック用の収納スペースを作ることで、トイレットペーパーや生理用品の予備、タオルなどを収納することができます。それからトイレ掃除用具や芳香剤、小さな花瓶や写真立てなどを飾ったりするスペースも確保しましょう。

トイレを活用するスペース術

便座に座ったままで手の届く収納スペースはトイレの側面の壁で、トイレットペーパーや衛生用品のストックが数個入るような収納ボックスを活用すると便利です。 バスケットやカゴなどに入れて床や棚に置いておくだけでも、見ちがえるほどかわいくて素敵なトイレになります。インテリアは、トイレ全体のサイズや色などの雰囲気に合わせたチョイスを心がけましょう。レトロな木箱をトイレの隅にそっと置いてみたり、アジアな雰囲気を漂わせるネットを使うのも、おしゃれで取り出しやすい収納になります。

トイレ収納のことなら住まいの専門家に相談してみよう

突っ張り棚も色やデザインが豊富になり、下から物が見えないものが増えていますから、トイレのインテリアとして活用できます。トイレに本棚が欲しい方であれば、収納付きラックを検討してみてもよいでしょう。また、トイレの掃除用具などは便器タンクの奥にこっそり置いて、スペースを有効に活用することもできます。トイレの収納スペースについて、もし分からないことやイメージがつかないことがある場合は、住まいの専門家に相談してみましょう。トイレ全般についての有益な情報が手に入るかもしれません。

まとめ

トイレの収納スペースを有効活用するには、3種類のスペースを作ることがポイントとなります。トイレの収納スペースを作ったら、できるだけ決まった場所に収納して、おしゃれで好感をもたれるようなトイレを実現しましょう。

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る