REGARD

あまり見かけない三階建て住宅。建てるのはどんな人・どんな場合?

三階建て住宅はコストが高く、あまり見かけないのが現状ですが、最近では三階建て住宅を建てる人が多くなってきました。三階建て住宅を建てるのはどんな人で、どんな場合が多いのでしょうか。ここでは、三階建て住宅のメリットや魅力について、分かりやすく解説したいと思います。

三階建て住宅を建てるのは、どんな人・どんな場合?

都市部における住宅環境の悪化に伴い、狭い土地に少しでも広い居住スペースを確保するために、三階建て住宅を建てる人が多くなっています。例えば、30坪の住宅で、二世帯3LDKの住宅を建てたいなど、間取りの要求が高い場合が多いようです。また、1階を車庫や店舗として使い、2階や3階を住居や趣味の部屋として使うために、三階建て住宅を建てる方もいます。1987年以降は建築基準法の改正に伴い、準防火地域でも木造三階建てが建てられるようになっています。

三階建て注文住宅を建てるメリットと設計のポイント

三階建て住宅は、二階建てに比べて床面積が広いため、工夫次第でスペースを有効に使うことができます。三階建て住宅にバルコニーや天窓などを設ければ、都市部であっても日当たりや風通しを良くすることができます。また、吹き抜けや階段など縦の空間を活用すれば、開放的なのびのびとした空間を楽しめますし、上下階の家族の気配を感じることもできます。屋上を設置して、庭園やバーベキューを楽しんだり、景色を満喫するのも良いでしょう。

三階建て住宅のことなら住宅の専門家に相談してみよう

三階建て住宅を設計する際には、階段の昇り降りが少ないゾーニングや、給水設備やエレベーターなどの設備について配慮することができます。地震などの自然災害にも備えて地盤改良を行ったり、道路斜線や日影規制などの制限についても、十分にチェックしておくようにしましょう。三階建て住宅については専門的な知識が必要ですから、住宅の専門家に相談してみることができます。三階建て住宅の間取りのことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

三階建て住宅を建てることで、限られたスペースを有効に活用して、ゆとりのある生活を楽しむことができます。社会的貢献の意味もこめて、美しく変化のある街並みになるような三階建て住宅を建てるようにしましょう。

関連する記事を見る