REGARD

バルコニーとベランダ。言葉の意味ちゃんと分かって使っていますか?

さて、写真の女性がいる場所はベランダでしょうか、それともバルコニーでしょうか。
バルコニーとベランダの言葉の意味の違いって、意外と分からずに使っていることありませんか。言葉の意味の違いについて理解しておくことで、間違いのないマイホーム選びをすることができます。ここでは、バルコニーとベランダの違いについて、分かりやすく解説したいと思います。

ベランダの特徴って何?

ベランダとは、住宅の外壁からせり出している、2階以上にある屋根つきの屋外スペースのことです。一般的に、家の外回りをめぐる屋根のある縁側や廊下のことですが、主に洋風建築の場合にベランダと呼んでいます。マンションの場合には、隣のベランダと仕切りの壁でつながっていることが多く、火災などの災害時には蹴破ることで避難することができます。ベランダを改装してオリジナル空間を作ったり、テーブルを置いておしゃれに演出するのも楽しいでしょう。

バルコニーの特徴って何?

バルコニーとは、住宅の外にせり出している、2階以上にある屋根のない屋外スペースのことです。一般的に、ベランダよりもスペースが広く、下の階の屋根部分を利用したルーフバルコニーにも人気があります。屋根がないので、広い公園に来たような開放感が味わえますし、親子で水遊びをしたり、レジャーシートを広げてピクニック気分を味わったりと、家族とのコミュニケーションを増やすことができます。

ベランダやバルコニーのことなら専門家に相談してみよう

ベランダは屋根つきのスペース、バルコニーは屋根なしのベランダと、区別して理解すると分かりやすくなります。という訳で、写真の女性がいるのはベランダでした。ベランダがあれば雨でも洗濯物を干すことができますし、バルコニーなら公園気分を味わうことができます。最近では両者を区別せずに使うことも多くなっていますから、具体的な構造については、住宅の専門家に相談してみるとよいでしょう。ベランダやバルコニーのことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

ベランダやバルコニーの意味の違いについて理解することで、自分に適した設計を選ぶことができます。家族に適したベランダやバルコニーを選んで、快適に過ごせるマイホームづくりを実現しましょう。

関連する記事を見る