REGARD

和室から洋室へのリフォームで最低限注意したい3つのポイント

生活スタイルの欧米化に伴い、和室を洋室にリフォームしたいという方が増えています。和室から洋室へのリフォームには、多くのメリットがある一方で、注意すべき点もあります。ここでは、和室から洋室へのリフォームで最低限注意したい3つのポイントについて、分かりやすく解説したいと思います。

和室から洋室へリフォームするメリット

和室から洋室へのリフォームには、多くのメリットがあります。和室を洋室へとリフォームして、もともとある洋室の部屋とくっつけることで、部屋を大きくすることができます。和室を洋室にリフォームすることで、畳のカビやダニなどのトラブルを解消することができます。また、重い家具を置いても跡が残りにくいですし、傷みやすい畳や障子などのコストが要らなくなるというメリットもあります。また、洋室の部屋にリフォームした方が、車いすでの生活がしやすくなります。

和室から洋室へリフォームすることで注意すべきポイント

1、床構造の違い

畳とフローリングでは下地の構造や段差が違うため、補強や段差解消などの工事が必要になります。床の高さが変われば、収納や出入り口ドアの枠にも補修が必要になります。

2、壁構造の違い

洋室の壁では大壁という柱の見えない構造になり、壁に耐火ボードを貼って、クロスやカントリー風木材などでリフォームできます。

3、遮音性の違い

フローリングは音が響きやすく、遮音性に注意が必要です。マンションの管理組合で遮音等級が定まっていたり、下の階に音が響きやすくなることがあります。

洋室へのリフォームのことなら専門家に相談してみよう

和室から洋室へのリフォームする場合には、家の間取りや生活スタイルに合わせて選択することができます。床をフローリングにして、壁にクロスを貼れば、洋室らしい部屋にリフォームできます。和室から洋室へのリフォームには専門的な知識も必要ですから、住宅の専門家に相談してみると良いでしょう。洋室へのリフォームのことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

和室から洋室へのリフォームには、多くのメリットがあります。リフォームで注意すべきポイントを抑えて、自分にぴったり合った快適な生活環境を実現しましょう。

関連記事

永遠の争い「和室vs洋室」 それぞれのメリットデメリットを理解しよう

関連する記事を見る