REGARD

癒しの空間、快適なバスルームのためにはバスタブに意外な役割がある!

バスタブにはたくさんの種類がある!

お風呂場を癒しの空間とするために、快適で心地の良い、お気に入りのバスタブを選びたいものです。バスタブにはいろいろな種類があって、それぞれに全く使用感が異なっています。新しいバスルームをリフォームする際には、バスタブの大きさや色合いなど、選び方について考える必要があります。ここでは、バスルームを快適で癒しの空間にするための、バスタブの意外な役割について、分かりやすく解説したいと思います。

バスタブを選ぶ時のチェックポイント

バスタブには、多種多様な素材や形、色などがあり、いろいろな効果や役割があります。バスタブの主な素材には、人工大理石、ほうろう、FRP、木製、ステンレス、タイル、檜風呂などがあり、肌ざわりや質感などが異なっています。和式の浴槽は狭くて深いので、腰をおろして肩までつかることができ、狭いスペースでも設置することができます。洋式のバスタブは寝た姿勢で入ることができ、介護が必要な方の入浴にも適していますが、広い設置スペースが必要となります。最近では、座って足が伸ばせる和洋折衷のタイプに人気があります。

バスタブ選びのことなら住まいの専門家に相談してみよう

いろいろな素材や形を比較してお気に入りのバスタブを選ぶことで、癒しの空間となる快適なバスルームを作ることができるます。新しいバスタブをリフォームする際には、家の間取りや予算などをしっかりと検討して、家族みんなが喜ぶバスルームを作るようにしましょう。バスタブ選ぶ際には納得がいくよきちんと勉強してからにしましょう。住宅の専門家に相談してみるのも良い方法です。

まとめ

バスタブにはいろいろな種類があって、それぞれに全く異なる役割があります。お風呂場が快適で癒しの空間となるように、家族みんなが喜ぶバスタブを選ぶようにしましょう。

CATEGORY

お風呂, 注文住宅,

関連する記事を見る