REGARD

ベランダ、バルコニーにひと工夫!天気に左右されない洗濯ライフへ

台風や梅雨の時期の洗濯は大変!

台風や梅雨の時期には、毎日の洗濯物がなかなか乾かなかったり、部屋干しのニオイが気になったりして大変です。洗濯乾燥機もいいけど、やっぱり自然乾燥が好きで、部屋が洗濯物だらけになることもあるでしょう。ところが、ベランダやバルコニーを少し工夫することで、天気に左右されない洗濯物干し場を室内に確保することができます。ここでは、毎日の洗濯を楽にする、ベランダやバルコニーの工夫について、分かりやすく解説したいと思います。

洗濯物干し場を設置するときの工夫

バルコニーやベランダ、部屋干しなどの洗濯物干し場を、洗濯機と同じフロアにすると、カゴを抱えて階段を上り下りする必要がなくなり、転落事故の危険性を減らすことができます。洗濯物干し場を洗濯機から近い場所に設置することで、洗濯物が干しやすく取り込みやすくできます。また、ベランダやバルコニーに屋根を設ける際、光が差し込むようにすれば、乾きやすくて雨除けがある、洗濯物干し場として利用できるようになります。向きは日照時間の長い南向きがお勧め。また、どの方角でも風が通るように工夫することが大切です。

洗濯物干し場の間取りのことなら専門家に相談しよう

このように、ベランダやバルコニーなど洗濯物干し場の間取りを工夫することで、毎日の洗濯物を楽にすることができます。今日の天気は微妙だなという時でも、天気に左右されることなく安心して干せるので、家事がスムーズになって助かりますね。ベランダやバルコニーの間取りには専門的な知識が必要ですから、住宅の専門家に相談してみましょう。洗濯物干し場の間取りのことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

ベランダやバルコニーを少し工夫することで、天気に左右されない洗濯物干し場を室内に確保することができます。毎日の洗濯を楽にして、自分らしい快適な生活を実現しましょう。

関連する記事を見る