REGARD

海外にあるようなおしゃれな家に住みたい。輸入住宅を建てたい時のチェックポイント5つ

海外の設計思想で輸入住宅を建てよう

存在感のある外観や多彩なデザインスタイル、北欧の文化や間取りが魅力的な輸入住宅ってあこがれですよね。

輸入住宅とは、海外の設計思想に基づいた住宅のこと。資材を個別またはパッケージで輸入し、国内に建築するものを指します。

ここでは、おしゃれな輸入住宅を建てたいときのチェックポイント5つを、分かりやすく解説したいと思います。

輸入住宅を建てる時に注意する5つのポイント

1.外観をつくる切り妻屋根

切妻屋根の掛け方で、おしゃれな外見や特徴的な間取りにすることができます。ロフトや子供部屋など出っ張り部分を有効利用してみましょう。

2.スキップフロア

LDKをLとDKで分けて空間の演出を考えてみたり、土地を整地せずに形状にあった家づくりをするという発想も面白いでしょう。

3.ウッドデッキ

家の周りをウッドデッキの手すりで囲ったり、椅子やテーブルをおくと、おしゃれな欧米風のイメージになります。

4.キッチン

キッチンは毎日使う場所ですから、対面式など色々な形やレイアウトを発想して、北欧風の生活スタイルを取り入れてみましょう。

5.階段を伴う吹き抜け

大きな吹抜けやアールの階段、ホールを活用したファミリースペースなど、輸入住宅らしさを最も出しやすい場所と言えます。

おしゃれな輸入住宅のことなら専門家に相談してみよう

多くの人が憧れる輸入住宅の家を建てて、おしゃれで非日常的な空間を演出してみてはいかがでしょうか。気に入ったデザインスタイルの輸入住宅があれば、海外の気候や歴史、文化などを調べてみると、その住宅のスタイルがどのような設計思想に基づいているかが分かってきて楽しいでしょう。

まとめ

海外にあるようなおしゃれな輸入住宅って、一度は住んでみたいですよね。5つのチェックポイントに注意して、素敵な輸入住宅を建ててみましょう。

関連する記事を見る