REGARD

二階建て vs 平屋 家を注文する前に知っておきたいメリットデメリット

二階建てか平屋かで迷っていませんか

新築一戸建てを注文する時には、二階建てか平屋で、どっちがお得か悩む方も少なくないことでしょう。これまでは、二階建てに住みたいという人が半数を超える傾向にありましたが、最近では一階建ての平屋に住みたいという方も増えてきました。二階建てか平屋かの選択で、建築資金や土地の広さ、老後の生活などに大きな影響を及ぼします。ここでは、二階建てと平屋双方のメリット・デメリットについて、分かりやすくご紹介したいと思います。

二階建てと平屋の家のメリット・デメリット

二階建ての家には、二階を子供部屋にしたり、洗濯物を干しやすいなどのメリットがあります。とはいえ、階段があるため転落事故が起きやすく、二階の掃除や洗濯物を干すために移動や上り下りが大変というデメリットもあります。災害時には、二階の重みで押しつぶされたり、脱出が難しくなる可能性があります。

平屋の家には階段がないため、家庭内事故No.1である階段転落がなく、バリアフリーで高齢者でも歩きやすいというメリットがあります。また、掃除や洗濯などの家事動線がフラットで楽になりますし、家族や子供とのコミュニケーションが取りやすくなります。一方で、平屋には広い土地が必要なため、都市部では土地代が高くなるのがデメリットです。

二階建てや平屋の家なら専門家に相談してみよう

二階建てと平屋の費用を比較してみると、平屋では基礎工事や屋根工事に費用がかかり、二階建てでは階段室や二階の廊下などに費用がかかるため、それほど大差はないようです。双方にメリットやデメリットがありますから、建築資金や将来の必要を検討して、家族に合った選択をするようにしましょう。二階建てや平屋の選択には専門的な知識が必要ですから、迷うことがあれば住宅の専門家に相談してみるのが良いでしょう。セミオーダー住宅のプロ・リガードなら、きっとあなたの力になります。

まとめ

二階建てにも平屋の家にも、双方にそれぞれのメリットやデメリットがあります。将来の必要をしっかりと考えて、家族みんなが快適に暮らせる家づくりを実現しましょう。

関連する記事を見る