REGARD

おしゃれ部屋にしたいなら!スキップフロアでカフェ風なおしゃれリビング

スキップフロアの家ってどんな仕組みなの?

スキップフロアとは、フロアの高さをずらしながら、連続する空間を作る建築方法のことです。

限られた敷地でも無駄なデッドゾーンを減らして、おしゃれなデザインのリビングに激変させるのが特徴です。

スキップフロアでは、中2階や中3階など何カ所も構成できるので、カフェ風インテリアの理想の住まいを実現することができます。

ここでは、スキップフロアの部屋のメリットやデメリットについて、分かりやすく解説したいと思います。

スキップフロアで検討すべき3つのメリット・デメリット

➀家を広く見せることができる

空間を有効に活用することで、部屋を広く見せることができます。一方で、建築コストが高くなり、バリアフリーではなくなります。

➁風通しや日当りが良い

空間が連続しているので、空気が流動して風通しが良く、日当りの良い家になります。一方で、家全体の冷暖房に光熱費のランニングコストがかかります。

➂家族の気配が感じられる

壁がない開放的な空間に自然な仕切りを作るので、心地よく家族の気配が感じられます。プライバシーは守られますが、遮音性は低くなります。

スキップフロアの家なら住宅の専門家に相談しよう

スキップフロアの家は、収納スペースや空間を広くとりたい場合や、家族の気配を日常的に感じていたい場合などにおすすめです。

特にコミュニケーションを重視する子育て中の家庭には、スキップフロアの家はぴったりと言えます。

理想を現実にするおしゃれデザインが、注文住宅なら可能になります。

スキップフロアの家を建てるには専門的な知識が必要ですから、住宅の専門家に相談することができます。おしゃれなスキップフロアの間取りのことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

スキップフロアの家は間取りが開放的で、空間が広く感じられます。おしゃれでカフェ風の家を建てて、気持ちよく安らぎを感じられる住まいを実現しましょう。

参考記事

視線のよく通るスキップフロア。壁を使わない間取りのメリットとは?

CATEGORY

注文住宅, 間取り,