REGARD

ルーフバルコニー(屋上)がある家 住人に聞いた3大メリットとは?

多くの方が満足のルーフバルコニーがある家

ルーフバルコニー(屋上)のある家に憧れ、実際に住む人が多くおられます。

屋上庭園を作ることで、光と風があふれる自然を感じられる家になったと、80%以上の方が満足しているとか。

素敵なバルコニーを作るためには、屋根の有効的な使い方や生活について、しっかりと理解しておく必要があります。

ここでは、ルーフバルコニーをどうして選ぶのか、屋上がある家に住むメリットについて、分かりやすく解説したいと思います。

屋上がある家に住む3大メリット

➀洗濯物がよく乾く

ルーフバルコニー(屋上)は風通しがよく、日差しを遮るものがないので、大量の洗濯物やキャンプ後の濡れたテントなどを乾かすのに最適です。

➁眺望を楽しめる

屋上は高い位置に立つので、大都市の中でも景色や空を独り占めしているような眺めを楽しむことができます。眺望を楽しみながら、心地よい風を感じて気分をリフレッシュできます。

➂開放感を感じられる

天気のいい日の日光浴、お風呂上りの夕涼み、昼寝や読書、家族や友人との食事など、開放的な気分を感じながら、ストレス解消ができます

ルーフバルコニーのある家なら専門家に相談しよう

ルーフバルコニー(屋上)には、当然デメリットもあります。

勾配や防水加工、排水などを施工してないと雨漏りすることがありますし、使用料やメンテナンス費用などを含めて、物件が割高でコストがかかります。

子供が走り回ったり、大型の物置を設置できないなどのルール、屋上から侵入される防犯上のリスクなどもあります。メリットやデメリットについてしっかりと比較して、あなたの家族に合った選択をしましょう。

ルーフバルコニーのことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

ルーフバルコニーのある家なら、住宅地であっても広い空や美しい景色を独り占めにできます。

屋上がある家のメリットやデメリットを理解して、素敵な住まい作りを実現しましょう。

参考記事

憧れのルーフバルコニーがある家に!…と考える前に知っておきたい3つのデメリット