REGARD

注文住宅のファサードを設計する際に注意すべきポイント

ファサードとは?

ファザードとは、建物の正面からの外観を表す言葉です。フランス語で顔を意味するファサード = facade(face, 顔)が語源、つまり、家の顔を意味しています。
顔の場合、眉毛を整えたり肌をお手入れしたりすると、見た目が整って良い印象を与えます。ファザードも家の顔ですから、街に馴染むように外観を整えたり、外構を整えたりすることによって見た目の印象が良くなります。
人の顔を見るとその人の人物像がなんとなく想像できるように、家の顔を見るとどんな家族が住んでいるのか想像できるものです。
建物の機能性だけでなく、見た目も素敵な家づくりをしたいものですね。

ファサードを設計する時のポイント

住宅のシルエットを考慮する

人がファッションを決める時には洋服を着た時のシルエットを意識しますよね。自分に合うシルエットの服を着れば、より美しく魅せることができます。家も同じで、建てる時にシルエットを考えることが大切です。

建物のシルエットに大きく影響するのが屋根の形です。極端な例を挙げれば、一般的な三角形の切妻屋根、それとは反対に真ん中が凹んでいるバタフライ屋根では印象が大きく異なります。
その他屋根が平らな陸屋根や和風住宅に多い入母屋屋根など、最近流行の片流れ屋根など、屋根の形状で家の印象は大きく変わります。また、屋根に軒を作るか作らないかでも見た目の印象は変わります。

工法によってもデザインは変わります。従来工法は自由度が高いですが、RC造はある程度形が限られてきます。土地の形でもある程度建物の形は決まってきます。
変形地や狭小地の場合、あえてその土地の形を生かしたデザインも良いでしょう。

外壁にいくつかの異なる材質を組み合わせる時にできるプロポーションも大切です。プロポーションを意識した設計が出来る施工者を探すようにしましょう。

時刻による変化を意識する

昼間は周りが明るく、外観の美しさがそのまま反映されます。夜になると暗くなるので外観の細部は見えづらくなりますが、その代わり、光の演出で違う顔を見せることができます。エントランスの光、部屋から漏れる光で、家を美しく演出することができます。

周囲の街並みと調和させる

東京では土地の広さの関係で隣地境界線からの制限ギリギリに家を建てることが多いので、隣の家との距離が近いです。そのため、隣と全くデザインが異なる家を建ててしまうと、街並みがちぐはぐになってしまいます。軒の連なりを合わせる、植栽を置くなどで周りとうまく調和するようなデザインにし、引いた視点で見た時に違和感がないように配慮します。
リガードが建築家と家を建てる場合、現地調査をし、建築家が周囲の街並みと調和するプランを作っています。

設計され尽くしたファサードの家ならリガードへ

リガードの「アトリエ建築家と建てる家」では、ファザードはもちろん、高気密高断熱の家で機能性も重視した、外見も内面も良い家をご提案しています。双方妥協のない家づくりなら、リガードにご相談ください。

・お問い合わせ

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る