REGARD

注文住宅でルーバーを施工する時、期待できる4つの効果

ルーバーのある住宅の魅力

ルーバーとは、細長い形状の「羽板」を、ブラインドのような要領で隙間を開けて平行に組んだものを言います。
ルーバーを家の外観に取り入れると、オシャレに魅せることができるだけでなく、うまく目隠しをしつつ光と風は取り込んでくれるので、機能面でも嬉しいことがたくさんあります。
また、夜になると、家の光がうっすらとルーバーの間から漏れ、また違った雰囲気を味わうことができます。家に帰ってきた時に、自宅が幻想的な光に包まれていたら、1日の疲れも吹き飛んでしまいそうですよね。
今回は、オシャレなだけでなく、機能的にもメリットがたくさんのルーバーの魅力をご紹介します。

注文住宅にルーバーを施工したいのはこんな時

遮光性のあるルーバーで日光を効果的に遮断

熱を室内に閉じ込める高気密高断熱住宅では、太陽光の輻射熱が大敵です。ルーバーがあれば、家の中に取り入れる光量が制御できるので、夏場も高気密高断熱の性能がフルに活かされ、光熱費を節約することができます。

遮視性のあるルーバーで外からの視線をコントロール

家の中から外が見えるように、開放感をもたせた設計にしたいけれど、そうすると気になるのは外からの視線ですよね。ルーバーを施工することで、外からの視線は遮りながら、家の中からは外の景色がしっかり見える、開放的な空間に仕上げることができます。

遮音性のあるルーバーで道路の近い家も安心

外付けのルーバーには、遮音効果もあります。家の前面道路の交通量が多い等、外の騒音が気になる立地の場合に効果的です。しかし、高気密住宅はもともと遮音性が高いので、外付けルーバーは必要に応じて検討しましょう。外付けルーバーなら、土地のスペースがあれば、後付けすることも比較的容易です。

外観のアクセントに

ルーバーを、外壁材と異なる素材で作ることで、外観に変化をつけることができます。一見合わなそうなガルバリウムの外壁に木製ルーバー等も、合わせてみるとしっくりくることがありますよ。
ルーバーを取り付けることで、外観の良いアクセントとなり、スタイリッシュでオシャレな家にすることができます。家に個性を出したいとお考えの方にオススメです。

建築家と建てる、ルーバーの素敵な家

ルーバーで見た目を美しく、さらに機能性を追求するには、建築家と綿密に打ち合わせをする必要があります。外観の好みや、室内にどれくらい光を取り込むのかを考えていく必要があります。
リガードの家は、「アトリエ建築家と建てる家」。ですので、ルーバーをオシャレで機能的に使いこなしたいというご要望も承っております。

・国分寺の工務店、リガードにお問い合わせ

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る