REGARD

「樹脂サッシ」で支える家の断熱

意外と知られていない家の断熱のポイント

家の断熱について考えるとき、一番の要となるのが開口部である「窓」です。

「窓」は壁よりもはるかに薄くかつ断熱材を壁のように仕込むことができないので、室内の熱が逃げやすい部分なのです。
その窓はガラスとサッシによって構成されています。
「サッシ」とは窓のガラス部分を囲うフレームのことで、開口部である窓の密封度を高めるために重要な役割を果たす部分でもあり、家のデザインにも関わる重要な部分です。

このように、「サッシ」は日常生活で注意を払うことは少ないですが、家づくりにおいては性能面やデザイン面で非常に重要な部材であることがわかりますね。

そのため、設計時にはもちろん、施工会社の説明資料の中でもしきりにサッシの性能がアピールされているのです。

このように、家全体の性能に大きく関わるサッシ、今回はそのようなサッシの中でも高い断熱性をもつ「樹脂サッシ」についてご紹介していきます。

窓に樹脂サッシを取り入れるメリット

樹脂サッシのメリットは、何と言っても先ずはその高い断熱性能にあります。
樹脂はアルミと比べて熱伝導率が約1000分の1と格段に低く、サッシ部分から熱が逃げるのを防いでくれます。

熱伝導率に関して言えば、樹脂よりもさらに性能が良いと言われているのが木製サッシです。木材は樹脂よりも熱伝導率がわずかに低いと言われています。

しかし、樹脂サッシは木製サッシと比べて気密性が高いことや、腐食などに対するメンテナンスが不要というメリットがあるので、木製サッシよりも扱いやすいと言えるでしょう。
木製サッシについても、気密性向上、耐腐食性向上の取り組みが行われているため、今後樹脂サッシのように扱いやすい製品がどんどん出てくるかもしれませんね。

樹脂性サッシは熱伝導率が低いため、室内の温度を保ち、結露を防ぐことができます。
また、気密性が高いことで、防音性についても効果を発揮してくれます。

このように高い性能の樹脂サッシですが、サッシの性能が良くてもガラス部分の性能が良くなければその高い性能を存分に発揮することはできません。
樹脂サッシのような高い断熱性能のあるサッシには、同じく高い断熱性能のある複層ガラスを合わせることで、より高い断熱性を実現することができます。

・複層ガラスの窓が持つ断熱性と防音性

初期コストはアルミサッシに比べて高くなりますが、断熱性能が高く、冷暖房効率は良くなるでしょう。
サッシを選ぶときには、住宅のランニングコストまで含めて長い視点で考えることが大切です。

家づくりは、適切にサッシを選べる施工会社にご相談ください

サッシ選び一つで家の断熱性が大きく左右されるように、サッシは家全体に大きな影響を及ぼす大切な部分です。しかし、オール樹脂サッシにするとやはりコストが気になるところですよね。
最近は、アルミと樹脂のハイブリッドである「サーモスⅡ H」のような選択肢もありますので、ご自身が住まう土地の環境に合わせた窓を選択するようにしましょう。
地元の工務店なら、その土地の気候をよく熟知しておりますので、土地にあった最適なサッシ選びのお手伝いをしてくれるでしょう。
サッシなどの開口部にまでこだわる家づくりならリガードにご相談ください。

・お問い合わせ

CATEGORY

開口部,

関連する記事を見る