REGARD

042-320-4422
窓際に立って外をずっと見ている子供

窓の配置にこだわりたい理由

新築住宅の設計を考えていく上で、重要なポイントの一つとなるのが「窓の配置」です。
窓の配置で昼間の室内の明るさは大きく変わります。
昼間太陽の明るさだけで過ごせるリビングは気持ちの良いものですし、光熱費を抑えることにもつながります。
また、大きな窓から眺める外の景色も開放感があって気持ちが良いですよね。

大きな窓はこのように部屋の明るさや開放感に大きく貢献する一方、プライバシーには十分配慮して設置しなければなりません。
開放感があっても、外から丸見えの窓では落ち着いて生活できませんよね。

開放感とプライバシー、どちらも納得できる窓の配置はあるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

「大きな窓」でもプライバシーは守れる

「大きな窓」で採光を確保しながらもプライバシーを守る方法として、高い位置に大きな窓を施工する方法があります。
高い位置の窓であれば、大きな窓を施工しても外からの視線は気にならず、採光も十分に取ることができます。
晴れた日には晴天が極めて開放的な気分をもたらしてくれるでしょう。

しかし、日当たりも採光も十分に取れる反面、夏場の日差しが強い日は逆に暑くなりすぎてしまうこともあります。
断熱性のある窓ガラスや、シルバースクリーンを取り入れるなどで対策をすると良いでしょう。

視線が気になる位置の窓

窓を高い位置にすることで外の視線を遮ることができますが、全ての窓を高い位置に設置することはできませんよね。
視線が気になる位置の窓は、細長いスリットタイプの窓を設置したり、曇りガラスを採用したりすることで外の視線をシャットアウトできます。
スリットタイプの窓は、複数並べることでデザイン面でもオシャレに魅せることができます。

「開放的な窓」と「プライバシーを守る窓」の提案

新築住宅の設計を考えて行くと、窓の配置に悩まれるお施主様は多いです。
「開放的な窓」と「プライバシーを守る窓」このどちらも満たす設計は、やはりプロの意見を聞いてみることが一番でしょう。

リガードでは、お施主様の話を細かくヒアリングしながら建築家と家づくりを進めております。
「開放的な窓」と「プライバシーを守る窓」と言った一見両立が難しそうなご要望にもしっかりとお応えします。
建築家と相談しながら、理想の家づくりを進めたいとお考えのお施主様は、ぜひリガードにご相談ください。

・REGARD BRAND CONCEPT

・お問い合わせ

無料セミナーのご案内

第47回 ~知らなきゃ損する~ 後悔しないための賢い家づくり勉強会 「3割引で住宅を取得する方法とは?」などウェブではわからない耳寄りな情報が得られる特別講義。
アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD