REGARD

天窓(トップライト)のある家。メリット・デメリットを押さえよう

自然な太陽の光の下で暮らす

自然な太陽の光に敵う人工光はありません。
朝日を浴びると自然にスッキリと目を覚ますことができますし、逆に日中太陽の光を浴びていないと夜ぐっすり眠ることができなくなってしまいます。人間の体は日中太陽の光を浴びながら活動をして、夜暗くなったら眠るようにできていますから、太陽の光を浴びないと健康を損ねてしまうことになるのです。
このように、自然な太陽の光は、ご家族の健康にとって欠かせないものであると言えるでしょう。

太陽の光をより多く家の中に取り入れる方法として、天窓を設置する方法があります。
天窓をつけることで、都内の限られた土地でも部屋に光をたくさん取り込むことができるようになるかもしれません。
この記事では、知っておいてほしい天窓のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

天窓(トップライト)のメリット・デメリット

天窓(トップライト)のメリット

天窓をつけることで、都会の建物が密接しているような土地でも部屋に光を取り入れることができ、また空が見えることで開放感を得ることができます。特に、高い建物が多い都会では空を眺められる場所が少ないので、自分の家から空を見上げられるということは、最高の贅沢となるでしょう。

また、天窓を取り付けることによって、朝には自然と太陽の光が部屋に差し込んできます。朝日を浴びることで、体内時計(サーカディアンリズム)のズレを修正します。体内時計がずれたままだと、時差ぼけのような状態になってしまい、日中の活動に影響を及ぼしてしまいます。
さらに、朝日を浴びることで目覚めにも良い影響を与えます。朝日を浴びることで日中活動するために必要なセロトニンが分泌し、夜心地よく眠るためのメラトニンが14〜15時間後に分泌されるようにタイマーをセットします。
セロトニンは、感情を穏やかにする作用もあり、不足するとうつ病の要因となってしまうと言われております。
太陽光は、心と体の健康のためにもとても重要だということですね。

また、天窓は泥棒も侵入しにくい構造なので、防犯面でも優れています。

天窓(トップライト)のデメリット

太陽光をたくさん取り入れられる天窓ですが、簡単に届かない場所にあるためメンテナンスが大変です。メンテナンスを怠ると雨漏りしてしまったり、汚れが目立ってきてしまいます。
遮熱性の低いガラスの場合、夏場は部屋が暑くなりすぎてしまうこともあります。また防音性が低いと雨音も気になります。

しかし、このようなデメリットは日々の製品の改良により改善されつつあります。厳しいテストを行うことにより、雨漏りがしにくくなっていたり、遮熱効果の高いガラスを採用することで夏場でも快適に過ごせるようになっています。さらに、汚れが雨水で流されるガラスを採用することで、掃除の負担が減るように工夫されています。

性能の高い天窓を選ぶことで、天窓のデメリットをカバーすることができると言えるでしょう。

天窓(トップライト)の特性を理解した上でご検討ください

天窓(トップライト)にははっきりしたデメリットがあります。
一方で、メリットも無視し難いものがあり、ぜひ新築住宅に取り入れたい要素の一つでしょう。
リガードでは、建築家とよく打ち合わせをしながらプランを考えていきますので、天窓のメリットをより享受し、デメリットを極力なくすような家づくりをすることが可能です。
『新居に天窓をぜひ取り入れたい』とお考えの方は、リガードまでお気軽にご相談ください。

・お問い合わせ

CATEGORY

,

関連する記事を見る