REGARD

滑り出し窓(横すべり窓・縦すべり窓)を用いた「こだわりの窓」の設計について

引き違い窓から、滑り出し窓へ。

日本の従来の住宅や、学校などでよく使われている窓は、「引き違い窓」という窓です。
窓を引く(開ける)ときに、ガラス同士がすれ違うようにして開くことからこの名前で呼ばれています。

一方、近年の新築住宅でよく使用されている窓は、「滑り出し窓」という窓です。
非常によく取り入れられているので、窓の主流が「引き違い窓」から「滑り出し窓」に取って代わった感があります。そして滑り出し窓には、縦滑り窓と横滑り窓があります。

縦滑り窓とは?

縦滑り窓とは、ドアのように開く窓のことです。
窓枠の上下にレールが設けられていて、そのレールに沿って窓が外側に滑りだすように開きます。

横滑り窓とは?

横滑り窓とは、縦滑り窓と同じようにレールに沿って窓が外側に滑りだすように開きますが、レールは上下ではなく左右についているため、窓を開けたときにシェードのような形に開きます。

上記の窓の外に、「FIX窓」や「上げ下げ窓」という窓の種類もあります。FIX窓については、下記記事をご参照ください。

・FIX窓(はめ殺し窓)とは。メリット・デメリットを知りたい方へ

滑り出し窓の特徴

縦滑り窓の特徴

縦滑り窓では、ドアのように開いた窓ガラスに当たった風を室内に導くため、引き違い窓と比べて窓を開けたときに風通しが良くなります。これが人気の理由の一つでもあります。気密性も高いので、窓を閉めているときは室内の熱を逃がしにくく、窓を開けているときも閉めているときも使いやすい窓です。

横滑り窓の特徴

横滑り窓では、開けた時の形状が庇のようになっています。そのため、窓を開けていても外からの視線を遮ることができるので、お風呂場やトイレ等、視線を通したくない場所に適しています。
縦滑り窓と同様に、気密性が高いのも特徴です。また、防犯にも適しています。

セミオーダー住宅なら、こだわりの位置に一番好きな窓を。

住宅建築において、窓の位置や種類の選択は家の風通しや気密性などの機能面から、デザイン面までに影響を及ぼすとても重要なポイントです。
平面図を見るだけでは窓のことはわかりにくいので、お施主様がそれぞれの窓の実物を見て、家の内外からのイメージを持ち、希望に沿った窓を選択することが大切です。

デザインはもちろん、窓は開口部なので、断熱性能の高い製品選びも重要になります。
リガードでは、LIXILのサーモスⅡ-Hを標準採用しています。ハイブリッド構造のサッシに複層ガラスの組み合わせなので、断熱性能が高く、家の気密性も保持することができます。

また、縦滑り窓・横滑り窓・FIX窓・引き違い窓すべてラインナップされているため、お施主様自身が窓を自由に選択でき、注文住宅の魅力を存分に味わうことができます。サッシのカラーも選べるので、家の雰囲気に合わせて自由に組み合わせることができます。

リガードでは、建築家と建てるハイクオリティなデザインの家を、工務店ならではのリーズナブルな価格でご提供しております。
性能にもデザインにも妥協せず、且つリーズナブルな家づくりをお考えでしたら、ぜひ国分寺の工務店・リガードまでご相談ください。

・お問い合わせ

CATEGORY

,

関連する記事を見る