REGARD

身体の衰えとともに、住まいを変える家づくりに関する考察

身体が衰えても、なお元気でいられる家に。

基本的に家は一生に一度の大きな買い物です。
30代で家を買った場合、70代、80代まで何十年もその家に住むことになります。
それだけの長い年月が経過するとライフスタイルにも様々な変化が起きてきます。
健康な高齢者でも、若い頃にはなかった体力の低下、記憶力の低下などが起きてきて、若い頃に建てたままの家だと不便が生じてきます。

病気を患うとそれはさらに顕著になります。

また、パーキンソン病や脊髄小脳変性症などのような進行性疾患の場合も、発症年齢に関わらず体の変化に家の造りが対応できず、日常生活に不便を感じるようになってしまいます。

身体が不自由になってくると、住環境と生活のしやすさというのはより密接に関わってきます。
健康な時には気にしなかった段差に躓くようになったり、気にならなかった廊下の幅に車椅子で入れなかったり・・・

そんな時でも住環境を整えて一人で出来る、または少ない介助で出来る事を増やす事で、本人も家族もより楽に生活できるのです。

身体の変化に合わせて、住まいを作り変えて行く

将来的に必要になる家の設備を、新築時からすべて導入しておく必要はありません。
身体の変化に柔軟に対処できるように、後から変えられない部分だけを施工し、将来設備が必要になった時にスムーズに取り入れられるようにすることが大切です。

例えば、車椅子での生活になった時には通路幅が歩行時よりも広く必要になります。
後から廊下の幅を変える工事は大変なので、新築時から幅を広めに取っておくと良いでしょう。

寝たきりで自宅介護での生活になった時には、家族と触れ合う時間を長くするためにリビングに介護ベッドを導入するかも知れません。
普段はそれで家族とコミュニケーションが取れるので良いのですが、着替えや排泄の介護時は見られたくないですし、臭いも気になります。そのような時に間仕切りをサッと出せるようにすると、要介護者も同居家族も安心して過ごせます。

身体の状態によってはトイレやお風呂への移動の際に釣り上げ式のリフトを使用する場合もあります。
リフト使用時には天井に大きな負荷がかかりますので、天井の強度が必要です。
進行性疾患等で将来リフトの利用の可能性がある場合には、予め天井の補強だけでも行なっておくとスムーズにリフトを導入できるでしょう。

家は何十年も住まう場所、住んでいる間に住人の身体の状態やライフスタイルは刻々と変化していきます。
その変化に対応しやすくしておくことが、これからの家に求められる事でしょう。

家族の「心」に寄り添った家づくり

上記のように身体の変化に対応できる家ではなく、初めから備えておくことはできないのでしょうか?
最初から全てを見越して設備を導入しておけば、何回も改装することもなく安心して住めるかも知れません。

例えば、介助のための部屋であったり廊下やトイレ、お風呂などの手すりは予め用意しておくということも考えられます。そのような際は、下記に注意をしておくとよいでしょう。

・手すりを用意していても疾患により効き手が変わったり、ちょうどいい手すりの高さや位置や形が変わることもある
・要介護度の高い人向けの設備を利用すると、使える部分まで能力が衰えてしまう懸念もあり、自立度を下げてしまうこともある

また、介護を受ける方の心理にも注意が必要です。
加齢や進行性疾患で将来必要なことがわかっている場合でも、あまり先のことはできるだけ想像したくないと思う人には心理的な負担が大きいです。

「備えあれば憂いなし」とはよく言いますが、病気等の場合は「備えられていることの苦しみ」も存在しうるのです。

これはあくまで筆者(mai)の意見ですが、住まう人一人一人に寄り添った家づくりという点で考えると、やはり改変性の高い家づくりが重要なのではないかと思います。

これから家づくりを検討されている方は、このことを頭の片隅においていただけると役に立つ日が来るかもしれません。

参考記事

関連する記事を見る