REGARD

高級感だけじゃない!「大理石浴槽」

ホテルで体験したことのある「あの浴槽」を我が家に

たまに、ちょっと良いホテルなどに泊まると、宿泊部屋のお風呂が綺麗で、素材の手触りが良く、

「こんなお風呂が自宅にもあったらいいな・・・」と感じることってありますよね。

せっかく自分の住宅をもち、細部までこだわることができるなら、こうしたホテルのようなお風呂を取り入れてみたい、と考えたことはありませんか?

そんなホテルの浴槽感を演出する方法として「大理石のお風呂を取り入れる」というアイデアがあります。

今回は、そんなホテル感を演出してくれる「大理石浴槽」についてご紹介いたします。

大理石浴槽の種類

実は、大理石浴槽にも2つの種類があります。

天然大理石

天然大理石はその名のとおり、天然に存在する自然岩を各地から採石し、板状やブロック状に削ったり、磨き上げる等の加工したものです。

世界には300種類以上もの大理石があるといわれており、「天然」とはいえ、自分の好みにあった色や柄のものを選ぶことができるが魅力的です。

天然のものであるので、酸には弱いという特徴をもつものの、表面を研磨することで元のように綺麗に保つことができるので、お手入れも簡単です。

人工大理石

人工大理石は、天然の大理石に似せて人工的に作られた物質のことをいいます。

主成分は「ポリエステル」や「アクリル」などがメインで、浴槽などの他に住宅であれば洗面台、キッチンといった場所に取り入れられることが多い大理石です。

また、人工大理石はカラーやデザインが豊富、という特徴があり、耐久性にも優れているため、大理石柄を住宅に気軽に取り入れたい!という人にはおすすめです。

人造大理石

また、「人工大理石」と一見区別がしづらい「人造大理石」という表記のものもあります。

これは、「テラゾー」と呼ばれる人造石の一種で、天然大理石を樹脂やセメントなどで固めたものであるため、完全に人工物で形成された「人工大理石」とは異なり、天然素材の成分が入っているものになります。

天然石を取り入れつつも、天然大理石よりも低コストに抑えることができるのが魅力ポイントです。

大理石浴槽のメリット・デメリットは?

一般的に浴槽に使われる素材は「FRP(繊維強化プラスチック)」というものです。

素材に拘って大理石のお風呂にしたい!と思っても、やはりそこにはデメリットも付きもの。

では、大理石浴槽のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

メリット

まず一つ目のメリットはやはりその「高級感」溢れる空間演出でしょう。

FRPなどと比べると大理石浴槽の方が高級感があると感じる人がやはり多く、バスタイムを贅沢に過ごしたい!という人には人気の浴槽タイプです。

さらに、大理石浴槽は表面が硬いという特徴から汚れなどがつきにくく、手入れがFRP浴槽よりも簡単という点もメリットとしてあげられるでしょう。

天然大理石であれば、表面を削ってあげることで、新品同様の輝きを取り戻すという性質を持ちます。長く綺麗な浴槽を保てるのは嬉しいですね。

デメリット

デメリットとしては、やはりコストはFRP浴槽などと比較すると高くなることが第一にあげられるでしょう。

また、大理石浴槽は表面が硬いという特徴から穴あけ工事などの補修を行うのが、難しくなっています。よって、場合によっては「追い焚き」機能をつけることが難しいこともあり、冬場寒い地域であれば、予め考慮しておくべき点かもしれません。

さらに、入浴剤を使えないという場合もあります。こちらも使う素材によってケースは異なるので業者に確認する必要がありますが、大理石の光沢が失われてしまったり、変色する可能性があるので注意が必要です。

大理石の浴槽をご検討中なら

リガードは「アトリエ建築家と建てる家」をご提供しておりますので、浴槽のデザインまでご施主様のこだわりを取り入れることが可能です。
細部までこだわり抜いた理想の住宅づくりに興味がある方は、是非弊社までお気軽にお問い合わせください。

CATEGORY

お風呂, 水回り,

関連する記事を見る