REGARD

塵も積もれば山となる。「家事室」で家事の負担を軽くしよう

「毎日のちょっとした負担」を家事室で減らす

仕事には休みの日がありますが、家事には休みの日というものはありません。
毎日必ず何かしらやることがありますよね。

毎日やらなければならない家事だからこそ、少しでも効率的に行いたいもの。

実は、家事のやりやすさに家の構造は大きく関わっています。

以前ベランダに洗濯物を干すために危険な細い場所を通らなければならなかったり、キッチンが狭すぎて調理に危険が伴うなど、家事に支障のあるような構造の家を匠がリフォームで劇的に改善させるようなテレビ番組がありましたよね。そこまでの問題はないにしても、家の構造で家事のやりやすさ全然違ってくると、番組を見ていて感じた方も多いのではないでしょうか?

毎日の家事の負担を減らしたい、時短した分自分の時間を作りたい、今回はそんな方にオススメの、家事室(ユーティリティルーム)をご紹介します。

「家事室」を活かすためのポイントとは

「家事室」は作って見たものの結局使わなかったなどの意見を聞くこともあります。
この現象は、長く住んだ家で『この部屋を家事室として使おう』と決めた場合にも起こりがちです。

家事室を有効活用するために大切なのは、「家事動線」です。
家事動線が悪いと、せっかく家事室を作っても、そこに家事のタスクを持っていくよりも別の場所でこなした方が結局やりやすいということになり、家事室を使用しなくなってしまうのです。

使いやすい家事室にするためには、家事室で主に何をするかを考えた上で、家事動線上に家事室を設置することが大切です。

例えば、洗濯に関することを中心に行う場合、物干しスペースとクローゼットの間に家事室を配置すれば、取り込んだ洗濯物のアイロン掛けを家事室で行い、クローゼットに運ぶといった流れがスムーズに行えます。
物干しスペースも家事室に設ける場合なら、ランドリーと家事室を繋げることで、さらにスムーズに洗濯作業を行えます。

家事室は洗濯だけでなく、料理やその他雑務にも有効活用できます。
例えば、キッチン横に家事室を配置すれば、「キッチンから離れたくないけれど手は空いている」状態の時、家事室で火を確認しながらPC作業や洗濯物を畳むなど、別の作業を行えます。
また、可動式の収納棚を設置すれば、パントリーとしても活用できます。普段使わない生活道具の収納もでき、キッチンがすっきり片付くでしょう。

「毎日が暮らしやすい家」を実現する注文住宅

使い勝手を考えた上で取り入れると大変便利な家事室ですが、都内で家を建てるには土地のスペースも限られるため、家事室に一部屋を割くことが難しい場合もあります。

その場合は部屋ではなく、「家事スペース」として部屋の一角を利用したり、キッチンやランドリーなどの家事動線を工夫することで家事をやりやすくしたりと、別の方法を考える必要があるでしょう。

このような選択は土地の形状、ライフスタイルによってもベストな方法は変わってくるため、プロに聞いて見るのが一番です。

リガードではお施主様の話をしっかりとお伺いしながら家づくりを進めておりますので、お施主様のライフスタイルに寄り添ったプランをご提案することができます。

CATEGORY

家とお掃除,

関連する記事を見る