網戸、掃除してますか?


つい忘れてしまいがちなのが「網戸の掃除」です。
網戸は窓に比べると汚れが目立ちにくいため、つい掃除を忘れてしまう部分です。

しかし、綺麗に見えても、触ってみると手が真っ黒になってしまうなんてことも・・・

外の空気を部屋の中に入れるときに使用している網戸は、室外の土砂や排ガスの粒子に常にさらされている上、室内の埃や油煙にも晒されるので汚れやすい部分です。

そのまま汚れを放っておくと網戸が目詰まりし、窓からの眺めが悪くなるだけでなく、風通しにも影響を及ぼします。

汚れが溜まった状態で雨が降ってしまうと、網戸の汚れが流されてそのまま窓にべったりとくっついてしまい、最終的にはカビの温床となってしまう危険性すらあるのです。

そうはいっても、「網戸ってどう掃除すれば良いの?」とお思いの方も多いのではないでしょうか?
今回は、いつまでも自宅を快適な空間に保つために知っておきたい、網戸掃除の方法をご紹介します。

網戸の掃除・洗い方

網戸は日頃からこまめに掃除することが大切です。
今まで掃除をあまりしてこなかった方も、これを機にこまめに掃除してみませんか?

やり方は以下の通りです。

・まず、はたきやブラシでホコリを払います。この時サッシにほこりが落ちないよう、新聞紙などを周りにひくと良いでしょう。
・次に、掃除機にブラシ付きのノズルを付けてホコリを吸いとります。
・最後に、固く絞った布やスポンジで水拭きをします。(ポイントはボディタオルを使うことです)
ボディタオルは凸凹の繊維が網戸の細かい網目にフィットして汚れをかき出すことができます。同じことを雑巾でやると、繊維が網戸に絡みついてしまって汚れを増やしてしまうなんてこともあるのですが、ボディタオルの繊維は雑巾よりも強くほつれにくいのでそのようなことが起こりにくいのです。
ただし、強くこすりすぎると穴が空いてしまったり、網目がよれてしまったりしてしまうので注意しましょう。

たまには取り外して水洗い

上記の方法でも汚れが取れにくい時、しばらく掃除ができずに汚れがたまっているときは窓から網戸を取り外して洗います。
中性洗剤を使用し、柔らかいブラシやスポンジで水洗いをします。その際、ネット部分が枠から外れないように軽く押さえながら洗います。

・最後はしっかり乾かす

洗い終わったら天日干しです。
天気が悪かったりして干せない場合は2枚のタオルで網戸を挟むようにして拭き取ります。
その際にこすって水分を拭き取ろうとすると繊維が網戸に絡みついてしまうので、軽くおさえるようにして拭き取ります。
マイクロファイバータオルなら、吸水性もよく繊維もつきにくいのでオススメです。

「快適な住まい」を保つために

網戸がキレイだと、自宅からの眺めもスッキリしますし、網戸越しに家に入る空気もキレイになります。
定期的に網戸をお手入れすれば、自宅からの眺めを美しく保ち、清々しい空気を部屋の中に取り込むことができます。
家族が気持ちよく過ごせる住まいを保つために、ぜひ網戸を掃除してみてください。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD