REGARD

玄関で「家」の印象まで決まるかも。玄関の臭いの原因と対策とは

玄関のニオイは「家全体の問題」

玄関は一番最初に人をお迎えする場所であり、家に入るためには必ず通る場所であることから、家の顔とも呼ばれています。
来客がいらしたらまず玄関でお迎えをし、最後に玄関からお見送りをする、つまり最初と最後を飾る場所は玄関というわけです。
それだけ重要な場所である玄関ですが、靴や子供の外遊び道具など、臭いの元となる物の宝庫です。

家の顔である玄関が臭いとそれだけで家全体の印象が変わってしまいます。
におい対策をしてぜひ印象の良い玄関を目指しましょう。

玄関の嫌なニオイの原因とその対策

玄関のニオイの原因

玄関が臭う原因の大半は靴や靴箱に染み付いた臭いです。
そしてその臭いの原因となるのは、靴や靴箱に湿気がたまり、雑菌が繁殖してしまうことです。
つまり、靴や靴箱に雑菌を繁殖させないようにすることが玄関のにおい対策では重要と言えるでしょう。

玄関のニオイ問題を解決する方法

玄関のにおい問題を解決するためには、まず湿気をためないようにするための換気が大切です。
窓等の開放部を開けるほか、珪藻土など調湿機能、消臭効果のある素材を用いることも有効手段です。

また、玄関のニオイの元となるのは湿気だけでなく、部屋からくる生活臭の場合もあります。
その場合はニオイの元を断つ必要があります。

コーヒーのかすや炭、重曹などは消臭効果の高い素材と言われています。
ニオイの気になる場所の掃除に重曹を洗剤変わりに取り入れて見たり、コーヒーや炭はインテリアのように部屋に置いたりことで消臭効果が期待できます。

コーヒーや炭には無数の細かい穴があります。
その穴にニオイ分子を吸着することで部屋のニオイを吸収し、消臭効果が期待できると言われています。

重曹の場合は少しメカニズムが違います。
ニオイの元の物質は酸性の物が多いです。
重曹はアルカリ性のため、それらのニオイの原因物質を中和させる効果があります。
また、同じアルカリ性のアンモニア等のニオイにも緩衝作用により中性に変化させます。

このような特殊な性質により部屋の嫌なニオイを解消してくれるのです。

高気密・高断熱の住宅では特に大切な「換気」

最近の家は高気密・高断熱化が進み、計画換気により家の窓を開けなくても部屋は常に新鮮な空気で満たされるようになってきています。
しかし、この計画換気は気密性が高くないと思うように効果が発揮されません。
その理由は過去記事をご覧ください。

リガードでは厳しい基準で高気密・高断熱住宅を提供しておりますので、計画換気で常に新鮮な空気を部屋に取り込むことができます。

そのため、空気がこもり湿気によるニオイの発生というのは抑えることができます。
部屋の嫌なニオイにも、計画換気はとても大切です。

ニオイのこもらない、爽やかな空気の流れる家ならリガードにご相談ください。

CATEGORY

家とお掃除,

関連する記事を見る