REGARD

実は便利!憂鬱な雨の日でも便利な「部屋干し」

「部屋干し」のイメージは?

「部屋干し」と聞くと、部屋の中の湿度が上がる、洗濯ものが室内の場所をとってしまって鬱陶しい、などマイナスなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

しかし、実は「部屋干し」は多くのメリットがあるのをご存知でしたか?

メリットがあるなら、雨の日の洗濯も憂鬱にはなりませんね。
また、住環境の設計の段階から「部屋干し」を想定した環境づくりを予め行っておくこともできます。

今回はそんな「部屋干し」のメリットについて考えていきます。

「部屋干し」のメリット

では、「部屋干し」のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、4つのメリットについてご紹介いたします。

天候や時間に左右されない

まず一つ目は、「天候や時間に左右されない」という点です。

洗濯物は外で干すもの、と思っていると、天気が悪い日、あるいは雨が降りそうな時などは心配で洗濯ができないですよね。

しかし、部屋干しは雨が降ろうと、洗濯する時間が朝であろうと夜であろうと関係なく洗濯物を乾かすことができるので、自分の生活リズムに合わせて洗濯ができる、というメリットがあります。

花粉がつかない

これは、花粉症とは無縁な人からしてみれば意外なメリットなのではないでしょうか。

しかし、花粉症も、今は無縁でも体内に花粉が蓄積される量が増えれば花粉症になる可能性もあります。

さらに、濡れた服を外で乾かすことは、乾いている時よりも花粉がつきやすくなっているので、せっかく洗濯した後でも汚れてしまいます。

部屋干しであれば花粉がつく心配がないので、安心して洗濯をすることができますね。

服が変色しない

外干しだと、紫外線や、車の排気ガスによって服が変色してしまう可能性があります。

お気に入りの服を天気がいいから外に干しておいたら変色してしまった!なんて心配も、部屋干しなら不要です。

お気に入りの服、ちょっと奮発して買った服などは部屋干しの方がおすすめです。

防犯対策になる

空き巣は洗濯物をみてターゲットを決める、ということをご存知でしたか?

犯行を行う前に、どんな人が何人住んでいるのか、を見極めるために、洗濯物をチェックする空き巣が多いです。

よって、普段外で洗濯物を干している人であれば、洗濯物の有無などで在宅しているか否かを見極められてしまう可能性があります。

普段から部屋干ししていれば、不在時間が知られることもなく、防犯対策にもなるので安心です。

「部屋干し」と相性の良い家

しかし、やはりメリットだけではない「部屋干し」。

デメリットとして一番最初に思い浮かべる人が多いのは「湿気」ではないでしょうか。
湿気は、室内の湿度を上げ、カビや臭いの原因になってしまいます。

一般的には、「除湿機を設置する」、「空気の入れ替えをこまめにする」などの対策がありますが、手間や電気代がかかってしまいますよね。

ここでご紹介したい湿気対策は「高気密高断熱住宅」にすることです。

「高気密高断熱住宅」とは、その名の通り、壁や床、天井などに断熱材や気密テープなどを使用して、通常の自宅よりも高い断熱性と気密性を備えた住宅のことをいいます。

では、なぜ「高気密高断熱住宅」は湿度の問題を解決してくれるのでしょうか。

高気密高断熱住宅は、住宅の中の湿度や温度を一定に保ってくれる性質があります。よって、外の気温が変化したり、住宅の一室で空調をつけたとしても、部屋の中のバランスを保ってくれるので、一般の住宅よりもカビやダニの繁殖がしにくい状況を作ってくれます。

また、高気密高断熱住宅は法律で24時間換気システムの設置が義務付けられていることや、住宅の隙間が少ないことを考慮しても、一般の住宅よりも効率的に換気を行うことができるので、湿度が高くなり続けることがありません。

結果、高気密高断熱住宅にすることで、部屋干しに最適な環境を作り出すことができる、ということです。

部屋干しも快適なお部屋をお考えなら

弊社では高気密高断熱住宅を取り扱っており、ご施主様とって理想の家を提案することが可能です。

是非一度、お気軽にお問い合わせください。

CATEGORY

家とお掃除,

関連する記事を見る