REGARD

不要になった家具はどうすれば良い?

不要になった大型家具、どうする?

新居のためにせっかく揃えた大きな家具も、模様替えや子供の成長等、ライフスタイルの変化によって役目を終える時がきます。

しかし、役目を終えた後でも処分方法がわからなかったり、処分を後回しにしたりして、家の中にそう小部屋ができてしまうと言う方もすくなくありません。

 

せっかくこだわって建てた家、考え抜いた間取りなのに不要になったもので容量を圧迫してしまうのは勿体無いですよね。

今回は、そうならないために大型家具の処分方法をご紹介します。

大型家具の処分方法

自治体の粗大ゴミで出す

一番一般的な方法です。

自治体によって出し方や料金は異なります。

多くの場合は、指定の店舗で粗大ゴミ処分用のシールを購入し、粗大ゴミの収集をネットや電話等で申し込みます。

その後指定日に指定の場所にシールを貼った粗大ゴミを置いておくと回収してくれます。

 

車に積みこめる場合は、直接指定の収集所に持っていくと安くなる場合もあります。

不用品回収業者を利用する

 

持ち運びが大変な大きな荷物は業者に回収に来てもらうと楽です。

街を巡回していたり、ネットで申し込んだりすることができます。

しかし、自治体の粗大ゴミ処分料よりも高額になる場合もあるので注意が必要です。

リサイクルショップの出張買取を依頼する

 

処分するにはもったいないもの、まだ使えそうなものはリサイクルショップに買い取ってもらう方法がオススメです。出張買取なら、大きな家具でも気軽に買い取ってもらうことができます。

処分するには費用がかかりますが、買取なら逆にお金がもらえるのも嬉しいポイントですよね。

 

しかし、在庫過剰のものや古いもの、傷が多いものは買取の対象にならない場合もあるので注意が必要です。

ネットで引き取り先を探す

 

オークションやフリマ、引き取り先募集等のサイトで譲渡をすれば、リサイクルショップに売るよりも高く売れる場合が多いです。

 

しかし、売れるまでに時間がかかったり発送等の手間がかかります。

引越しで不要になったら引越し業者に引き取ってもらうのが楽


新居に引っ越す時、子供が巣立つ時にいらない家具が出た場合は、引越し業者に引き取ってもらうサービスがある場合があります。上手にサービスを利用すれば、手間なく不用品を処分できます。


ライフスタイルに合わせて必要な家具は変化する



子供の成長やインテリアの好みの変化等で大型家具も役目を終える時が必ず来ます。
その時が来ても、処分方法を知っておけば、家具をすぐに処分でき部屋をスッキリさせることができます。

CATEGORY

家とお掃除,

関連する記事を見る