REGARD

間取りに失敗しないために、シミュレーターで事前準備

事前準備は入念に

 

注文住宅ならではのポイントとも言える、「間取りづくり」。

マンションや建売住宅等の購入では味わえない、注文住宅ならではの醍醐味である反面、自由に作れる分どうすれば良いのかわからない、わからないから営業マンに任せてしまう・・と言うことにもなりがちです。

 

もちろん、営業マンはプロですから、一般的に良い間取りを提案してくれるでしょう。

しかし、ライフスタイルや家族構成、家具の大きさはお施主様それぞれ全然違います。

 

それらを考慮した間取りにすることで、本当に満足のいく間取りになるのではないでしょうか?

 

せっかくの注文住宅ですから、生活スタイルに家の形を合わせていきたいですよね。

そんな時に役に立つのが、間取りや家具のシミュレーションです。

 

まずは家具をリストアップ

シミュレーションのために、まずは家の中にある、大きな家具・家電をリストアップして見ましょう。

冷蔵庫・机・ダイニングテーブル・ソファ・テレビ・本棚・ベッド・・・

実際に今の家を見渡して見て、室内のどれくらいの空間をこれらの家具が占めているのかを確認して見ましょう。

 

思ったよりも家具のスペースが多ければ、今よりも広いスペースがないと手狭に感じてしまうかもしれません。

また、将来を見据えた時、大きなものに買い換える可能性がある家具・家電もあるでしょう。

(家族が増えた時にダイニングテーブルを大きくする、リビングのテレビを大きくする等)

そのような可能性があるものは、スペースを余分にとっておく必要があります。

 

家具、間取りシミュレーション

家具や家電のリストアップができたら、実際に間取図上でシミュレーションして見ましょう。

紙の間取図案がある場合は、縮尺に注意しながら書き込んで行っても良いでしょう。

 

最近では、PCやスマホ上で3Dシミュレーションができるアプリ等もあるので、気軽に家具の配置を考えていくことができるようになっています。

 

ある程度自宅でシミュレーションを行なってみることで、住宅業者との打ち合わせの時にも話を進めやすくなります。

営業マンのオススメだけでなく、希望のプランが見えてくるので、住宅購入の満足度をより高めることにも繋がってきます。

 

もちろん、シミュレーション結果をプロである専門家に見せることによって、プロならではのさらに洗練されたプランニングも可能になるでしょう。

 

シミュレーションで、住む家のイメージが湧きやすくなるだけでなく、施工業者に伝える際にも可視化されてわかりやすくなるため、よりお施主様に寄り添ったプランニングが可能になるのです。

 

リガードは「建築家と建てる家」を提供していますので、打ち合わせの際に間取りと家具の相談はもちろん、ご家族それぞれのお話をしっかりとヒアリングし、設計に落とし込んでいきます。
まずは無料の家づくりセミナーへ、お気軽にご参加ください。

CATEGORY

間取り,

関連する記事を見る