REGARD

最新の住宅トレンドを知ろう!2019年版

流行りの間取りって?

住宅設備は年々進化しています。

毎年のように出てくる新機能、どんな設備・スペースを取り入れるべきか悩んでしまいますよね。

 

今回の記事では、第三者企業の大規模調査に基づく、2019年の間取りのトレンドを引用してご紹介します。

多くの方が取り入れた間取りは、多くの方のライフスタイルに合うということです。

ぜひ参考にして見てください。

1位 ― 5位

住宅トレンドの順位は以下のようになりました。

1位:ウォークインクローゼット

半数以上となる、56.4%の方が導入しているウォークインクローゼット。

ウォークインクローゼットは、主に衣類を収納する場所で、人が中に入って歩ける広さを確保したものを指します。

衣類の収納はどれだけあっても足りないもの、大容量のウォークインクローゼットはやはり取り入れる方が多いようです。

https://tokyo-chumon.com/life_style/16794

2位:カウンターキッチン

カウンターキッチンは、キッチンとリビング・ダイニングの間にカウンターがついているタイプのキッチンで、キッチンにいながらリビングの様子を確認できたり、カウンターから料理を家族に渡しやすいのが特徴です。

こちらも半数以上となる55%の方が導入しています。

https://tokyo-chumon.com/custom_home/kitchen/13018

3位:シューズクローク

玄関にあり、靴のまま入れる週の王、シューズクローク。

靴や傘、ベビーカー等外で使うグッズを収納するのに便利で、52.2%の方が導入しています。

https://tokyo-chumon.com/custom_home/entrance/8470

4位:パントリー

キッチンの近くにある、調理器具や食品などを保管しておける便利なパントリーは、約半数の44.5%の方が導入しています。

https://tokyo-chumon.com/custom_home/kitchen/9324

https://tokyo-chumon.com/custom_home/kitchen/4930

5位:室内干しスペース

室内物干しスペースがあると、雨の日でも洗濯物を干すことができます。

また、共働き家庭にも人気です。41.0%の方が導入しています。

花粉症の方も、シーズンを安心して過ごすことができると人気のようです。

https://tokyo-chumon.com/custom_home/ventilation_moisture_adustment/14012

人気なのは収納系

6位から10位は6位から順にオープンなLDK、階段下収納、畳コーナー、ゆっくり入浴できる広い浴室、リビング階段となっています。

 

ベスト10に収納系の間取りが4つランクインしていることから、住宅購入の際には収納スペースを重要視している方が多いと言うことがわかりますね。

 

収納が少なくなってしまうと、物が部屋にあふれやすくなってしまうので、充実した収納を確保することは、快適な住環境に大きく関わってくることなのかもしれません。

 

間取りを考えていく際には、これらのデータも参考にしてみると良いでしょう。

しかし、必要な間取りはお施主様それぞれ異なるもの。

 

人気だからといっても、ご自身に必要がなければ取り入れる必要はなく、ライフスタイルに合わせて取捨選択が必要になります。

 

リガードでは、ライフスタイルに合わせたプランをご提案しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

参考サイト:

https://suumo.jp/yougo/

https://www.recruit-sumai.co.jp/press/upload/e6be9b3b1039eae4773024c85d1ded8f.pdf

 

CATEGORY

間取り,

関連する記事を見る