REGARD

理想の間取りの大前提とは?家族構成から見る「間取り」の考え方

マイホームを建てて快適に暮らすのに欠かせないのが、快適に生活できる間取りを考えることです。どんな大きさの部屋をどこに配置するのかという大切なことですが、間取りで失敗している人は少なくありません。ここでは家族構成から見る理想の間取りの前提条件について、ご説明したいと思います。

理想の間取りの考え方は家族構成によって大きく変わる

家族のみんなが快適に生活できる理想の間取りは、家族構成によって大きく異なってきます。一生涯独身で過ごす方と、結婚した夫婦では、理想的な間取りは異なってきます。また、子供がいる家庭と数世代が一緒に暮らす家庭でも、それぞれに異なる理想の間取りがあります。結婚して数年経ってから家を購入するとしても、独身時代に購入するにしても、将来の家族構成や必要がどうなっているかを十分に考えておく必要があります。

家族構成や人数で考える、知っておきたい理想の間取り

独身の方にとっての理想の間取りは、2LDKが一般的ですが、少し収納を多めに取りたい方であれば、3LDKの間取りとなるでしょう。結婚して夫婦になると、広さは独身の頃と同じでよくても、荷物が増えてくるため十分な収納スペースを検討する必要があります。二人以上の子供がいる家族世帯であれば、4LDK以上の間取りがあると快適に暮らすことができます。もし二世帯で暮らす場合には、それぞれが独立して生活できる間取りも必要となります。

理想的な間取りで迷ったら専門家に相談してみよう

家族みんなの理想を叶える快適な間取りの家を建てるために、住宅展示場などのモデルルームを見学しましょう。色々な間取りの部屋を見比べてみることで、より理想に近い間取りを持った家を建てることができます。もし、間取りのことで迷ったなら、最初から住宅の専門家に相談してみることができます。リガードなら理想的な家の間取りがどんなものか、親身に相談に乗ってくれますから、様々なアイディアを教えてもらうことができます。

まとめ

家族にとって理想的な間取りの家を建てるためには、今の生活だけでなく、将来の必要や老後のことなどもしっかり考えておく必要があります。家族と相談したり、モデルルームを見学したりして、理想的な間取りの家を建てるようにしましょう。

CATEGORY

間取り,

関連する記事を見る