REGARD

部屋中に料理の匂いを広げない「換気扇」の選び方

キッチンに欠かせない換気扇

キッチンで料理をする際に、毎回きちんと換気扇を利用している人はどれくらいいるでしょうか?
ちょっと火を使うくらいなら「まあ良いか・・・」と付けずに調理をしてしまうことがある方も多いのではないでしょうか?

キッチンの換気扇は、調理の際に出る煙や匂いを外に排気する役割があります。
きちんと換気扇を回していないと煙や匂いが部屋中に充満してしまう原因となってしまうので、適切な利用が大切になります。

換気扇と一口に言っても様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
今回は換気扇の種類や、それらの性能などを紹介します。

キッチンにある換気扇の種類

換気扇部分の機能

換気扇部分の機能には、直接廃棄式のプロペラファンタイプと、ダクト排気式のシロッコファンタイプがあります。

直接排気式のプロペラファンタイプは扇風機のような形のタイプで、構造がシンプルなので比較的リーズナブルです。換気量も多いのですが、騒音が大きく、そのまま外に排気されるため、外に匂いが漏れやすいです。

一方のシロッコファンタイプは、円形の枠の中に羽がついている形状で、キッチンの場所を問わず設置が可能で騒音も少なくなりますが、プロペラファンタイプに比べてお値段は高くなってきます。
また、換気量もプロペラファンタイプよりも少ないです。

排気機能の種類

・一般排気型
換気扇で排気のみを行うタイプです。吸気は別の吸気口から行う必要があります。

・同時給排気型
排気は換気扇内のファンから、吸気はレンジフード本体の給気口から確保します。

・強制同時給排気型
換気扇のファンで給気と排気どちらも行うタイプです。

フード(覆い)部分の種類

覆いの部分にはファンの部分にかぶせるものと一体化しているのもなどがあります。
・ブーツ型
普及率が高くスタンダード型とも呼ばれています。
ブーツのような形をしていて、様々な形のキッチンに対応可能です。

・スリム型
スッキリとしたデザインでインテリアにもよく馴染みます。
凹凸もあまりないのでお掃除も楽です。

・浅型

天井が低い場合など、取り付ける設置スペースに限りがある場合に適しています。

機能性とデザインを両立させる選び方

換気扇を選ぶ際には、換気扇の機能性はもちろん、キッチンや部屋全体に馴染むデザイン性も求められます。

換気扇のように機能もデザインも求められるようなことは、家づくり全体でよくあることです。

リガードでは、「アトリエ建築家と建てる家」としてお施主様と話し合いをしながら機能面だけでなくデザイン面にもこだわっております。

機能もデザインもこだわりの家なら是非リガードまで。

CATEGORY

ダイニング,

関連する記事を見る