REGARD

新築住宅の土間を素敵な空間にする方法

家づくりにおける土間の重要性

マイホームに帰ってきたときに、最初に足を踏み入れる場所。それは玄関、つまり土間です(土足のまま室内に入る空間)。
土間は、靴を脱いで収納するためだけの場所ではなく、その家の顔としてとても大切な空間です。
ご家族や大切なお客様を一番最初に迎え入れる場所である土間を、素敵な空間にするためのポイントをご紹介します。

土間とは?

土間とは、建物のうち、土足で利用する場所を指します。住宅の場合は、エントランスの靴を脱ぐスペースを指す場合が多いです。

古くは、土間とは床を張らずに土が露出するスペースでした。そこには農具や収穫した野菜などをおいたり、隣接されているかまどでそれらをそのまま料理したり、洗濯などの家事をするスペースとして重要な役割を果たしていました。
現在の家屋では、家事スペースに靴を履いている必要もないため、キッチンを土間にする家庭はほとんどありませんが、靴を履いたままいられる空間を室内にも取り入れたいということで、あえてLDKにも土間を取り入れる物件も増えてきています。

土間の空間設計

土間はタイルにこだわろう

フローリングの選び方一つで部屋のイメージが大きく変わるように、土間もタイルの選び方で大きく印象が変わります。タイルといっても、材質やカラーは様々なので、フローリングよりもタイル選びのほうが、空間のイメージの変化は幅広いかもしれません。

各社が土間仕様のタイルを出しているので、気になるものはサンプルを取り寄せたりして実際に「見て、触って」確かめると良いでしょう。
また、タイルは見栄えだけでなく、雨で濡れた時の滑りにくさなど、機能にも様々な特徴があります。ライフスタイルにあった機能のタイルを選ぶようにしましょう。

土間床を拡張するというアイデア

現代の家でも、土間床エントランス周辺だけのものではありません。例えば、カフェや飲食店も、言うならば土間スタイルのくつろぎ空間です。自宅にカフェのような、靴のままくつろげるスペースが欲しいと考えた場合、土間床を玄関だけに限らず、1階の大部分へと広げることも選択肢となります。

素敵な土間のある家ならリガードへ

土間空間は、靴を脱ぐだけの用途だけでなく、様々な活用方法があります。ベビーカーなどお子様の必需品をパッとしまえたり、趣味の自転車を飾ったり…
ちょっと一息つける椅子を置いて、お子様の靴を脱がせるようなちょっとした生活の動作にも、日常の幸せを感じられるような、素敵な空間に仕上げることができれば、日々の生活に潤いを与えることができそうですね。
リガードでは、建築家と建てるセミオーダーの家を提供しておりますので、土間を活用した家づくりのご相談も承っております。こだわりの土間のある家なら、リガードにご相談ください。

・お問い合わせ

CATEGORY

玄関,

関連する記事を見る