外構とは?

外構とは、家の敷地と道路との境界線部分の構造を指します。
つまり、庭や駐車場、フェンスなどの部分のことですね。
家づくりにおいては、建物の中だけでなく外見を考えることもとても重要です。特に外構部分は、近所の人の目に入る部分であり、また毎日自宅に帰ってくるときに、最初に出迎えてくれる部分でもあります。

外構を変えるだけで、家の印象はガラッと変わります。
毎日家に帰ってくるたびに嬉しくなるような表口を想定して外構のデザインを考えてみませんか?

オープン外構とクローズ外構

外構は「オープン外構」と「クローズ外構」の2種類に大別することができます。それぞれの特徴をご紹介します。

オープン外構

住宅の敷地をフェンスなどで囲わずに、外からオープンに見えるようにする外構です。
敷地面積が狭い一軒家の場合はオープン外構が一般的です。

<メリット>
・開放感がある
オープン外構のメリットは、なんといってもその開放感です。
広々として自然光が差し込みやすく、風通しも良くなります。
狭い敷地でも開放感があるので、その狭さを感じにくくすることができます。
また、ガーデニングが趣味の方なら、綺麗に手入れをした庭を道ゆく人に見てもらうこともできますね。

・費用がかからない
オープン外構では塀やフェンスを設置しないため、クローズ外構に比べて費用を抑えることができます。

<デメリット>
・安全・プライバシーの面で心配
外にひらけているので外部から簡単に家に侵入できるという懸念があります。
また、外部から敷地内が丸見えなので庭に洗濯物を干すと外から見られてしまいます。
開放的なので、庭で小さなお子様やペットを遊ばせるのには飛び出してしまう危険性や、近所の方へ迷惑をかけてしまう懸念があります。

・掃除が面倒
開放的なので外のゴミも敷地内に入り込みやすいです。
落ち葉やゴミが外から風に舞って入り込んでくるので、定期的な掃除は欠かせません。

クローズ外構

塀やフェンスを設置して敷地内を囲う構造です。
<メリット>
・デザインを楽しめる
塀やフェンスを利用して、ご自宅をより素敵な空間に演出することができます。

・セキュリティがしっかりしている
囲まれているので外部からの侵入が難しく、プライバシーも確保しやすいです。

<デメリット>

・費用がかかる
オープン外構に比べて、塀やフェンスを設置する分費用が高くなります。
しかし、一部分だけを塀やフェンスで囲う「セミオープン外構」なら、費用を若干抑えることができます。
セミオープン外構は、オープン外構とクローズ外構のちょうど真ん中のような存在で、どちらの良いところも享受できる外構法です。

・閉塞感を感じる場合も
狭い土地で周りを塀で囲ってしまうと、閉塞感を感じる場合があります。
開放的な空間を好む場合はちょっと窮屈に感じるかもしれません。

外構次第で家の印象は大きく変わる

外構は家の印象を変えるのはもちろん、庭の使い方やセキュリティ等、ご自宅の暮らしに影響を与える重要な要素です。
それぞれの特徴を踏まえて、ライフスタイルにあった外構を選ぶことが大切です。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD