REGARD

庭でゴルフを極めよう(パット編1)

 

庭でゴルフって最高

 

マイホームを建てる時に憧れることの一つに、「庭でゴルフ」があります。

ゴルフ好きなら一度は憧れたことでしょう。

 

パット練習はコースを回っているだけでは上達するのは難しいですが、パット練習だけのために時間を割くと言うのものなかなか難しいものですね。

 

そんなお悩みを抱えている方の憧れが、「庭でパットの練習」ではないでしょうか?

 

パターマットがダメな理由

 

 

パターマットがあれば、庭どころか室内でも練習ができるような気もしますが、パターマットはパター上達のためにオススメの方法ではないと言われています。

 

何故なら、どんなに素晴らしいパターマットを使用しても、実際のグリーンを再現することはできないからです。

グリーンの環境を再現するためには、やはり本物の芝を引く以外に方法がありません。

 

実際に様々なパターマットが世に出ており、それぞれ様々な工夫がなされています。

しかし、どうしても本物のグリーンにはかないません。

また、室内ではどうしても確保できるスペースに限りがありますし、家族も同じ空間で寛いでいます。

より練習効率を上げるためには、パターマットよりも庭での練習が良いのです。

 

庭でパット練習をするメリット

 

 

庭でパット練習をする一番のメリットは時間です。

平日は仕事でなかなかコースを回ることは難しいですが、休日に時間があればパター練習場にいくよりも打ちっ放しやコースを回る方に出かけたいものです。

 

自宅の庭でパター練習ができれば、隙間時間に気軽に練習を行うことができるので、時間がある時に打ちっぱなし等を楽しむ余裕ができるのです。

 

自宅の庭であれば、本物の芝を敷くことができるので、グリーンに近い環境で練習することが可能です。

そのため、室内での練習よりも練習効果を得やすいと言えます。

 

ただ、庭をグリーンのようにするためにはスペースのほか日当たりや土壌も考えなければならず、当然お手入れの手間もかかります。

様々な要件を整えるために、庭ゴルフ練習計画は新築時に行うのがベストと言えるでしょう。

 

リガードではお庭にグリーンを作るといったご要望にも真摯に対応しております。

まずは家づくりの様々なことがわかる無料セミナーにお越しください。