REGARD

042-320-4422
暑そうに手をひたいに当てている女性

1階よりも2階が暑い・・・

木造2階建住宅に住んでいると、夏場の2階の暑さに悩む方は多いです。

1階は涼しいのに、2階は暑い!
2階の寝室で寝ていると、暑くて寝苦しくて目が覚めてしまう・・・
なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

2階の方が暑くなってしまう原因は主に以下の2つの要因があります。

・暖かい空気の方が冷たい空気より軽く、上に溜まる性質があること
・日差しで屋根が暑くなり(輻射熱)、その熱が天井裏にたまり二階まで暑くなること

知っておきたい「2階」の暑さ対策

すだれやグリーンカーテンをかける

暑い外気の多くは窓を通して室内に入り込んできます。
そのため、窓の外にすだれやグリーンカーテンを設置することで、室内の気温の上昇を防ぐことができます。
特にグリーンカーテンは、植物が水蒸気を発生させるのでより涼しく感じることができるでしょう。

窓を開けて風の通り道を作る

部屋にこもった熱は、窓を開けて外に逃がすことが大切です。
2ヶ所の窓を開けると部屋の風通しが良くなります。
その際、日陰側など涼しい風が入る方の窓を、もう一方の窓より小さく開けることで、涼しい風を部屋に取り込みやすくなります。

窓が一つしかない部屋の場合、扇風機やサーキュレーターを利用して部屋の熱を外に逃がします。

ベランダに打ち水をする

昔、道路に打ち水をして暑さ対策をしたことがある方も多いのではないでしょうか? それと同じように、2階の暑い部屋の前にベランダがある場合、ベランダに打ち水をすると涼しく感じられるかもしれません。
ベランダで洗濯物を干すときは、脱水を少なめにして水分が残っている状態で干すことで、同じ効果を期待できます。

天井に排熱ファンを取り付ける

天井にこもってしまった熱はなかなか外に逃げられず、夜になっても2階が暑い原因となります。
天井に換気口があれば、市販の換気排熱ファンを取り付けて天井裏のこもった熱気を取り除くことができ、室内の温度を下げることができます。
ご自宅に換気排熱ファンが取り付けられるかどうかは、一度リフォーム会社などに確認してみると良いでしょう。

冷房や除湿も上手に活用する

最近の夏の暑さは厳しいです、特に都市部はアスファルトからの反射や室外機などで、昔に比べて暑さが厳しくなっているようです。熱中症にならないためにも、適度に冷房や除湿を使うようにしましょう。上記の対策をした上で冷房をつけることで、冷房効率も良くなりランニングコストを抑えることができますよ。

暑い夏でも「2階が涼しい家」にするには

暑い夏に二階の部屋が暑くなってしまうのは、窓や天井から外気の熱が室内に伝わってしまう、つまり断熱性が低いことが原因と言えます。
高気密高断熱の家なら、夏の暑さをシャットアウトし、冬は寒さをシャットアウトしてくれます。
また、室内の熱も外に逃さないので、冷暖房効率も良くなり、ランニングコストも下げることができます。

リガードの高気密高断熱住宅は、C値0.5以下という非常に厳しい基準で建てられております。
「夏は涼しく冬は暖かい」快適な住まいをお探しでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

・REGARD BRAND CONCEPT

・お問い合わせ

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD