仕事部屋

リモートワークや在宅ワークに集中できる家づくり

近年は働き方の多様化により、リモートワークや在宅ワークといった働き方を選択される方が増えてきています。
会社に出社せずに働くことができるリモートワークでは、通勤がないので時間を有効に使えたり、ある程度自分のペースで仕事ができたりといったメリットがあります。
その反面、家でする仕事は職場と違ってなかなか集中ができなかったり、作業場所の確保が難しかったり、仕事中に家族に話しかけられてしまったりといった難点も存在します。

これからの時代どんどん増えてくるであろうリモートワークや在宅ワークをより適した環境で行うためには職場の環境を整えるように、家の間取りも整えることが大切になってきます。

仕事部屋を作る?作らない?設計時に考えるべき部屋の間取り

仕事空間をつくる

家で仕事をする比率が高い方は、自分だけのオフィスとして書斎を作っても良いでしょう。
書斎が作れるのであれば、自分が働きやすい空間を自分で設計することができます。
自分の手の届きやすい場所にパソコンなどの仕事道具を置けば、仕事の効率もアップしそうですよね。
子供がいると中々考えにくい書斎ですが、家で仕事をする場合は留意したいところです。

家族の空間と仕事空間との共生

書斎を作るスペースがなかったり、家で仕事をするのはたまにという場合はリビングを作業ばにする方も多いでしょう。リビングで仕事をする場合は、適切な家具を利用するよう心がけましょう。
リビングは基本団欒の場所ですから、リビングのソファで仕事をすると仕事モードになりにくい場合があります。また、ソファは仕事向けのものではないのでそこにずっと腰をかけて仕事をしていると腰を痛めてしまう場合もあります。
リビングにおいても違和感のないデザインのオフィスチェアを利用したり、リビングの一角に作業用のスペースを設けるなどの工夫が、仕事効率だけでなく身体も痛みにくくなります。

家族団らんの場とワークスペース。この両方の機能を両立させるには家具はもちろん、間取りから考えていく必要があります。

自宅で効率よく仕事ができるようにするために

自宅で仕事をするということは、これまで仕事や学校から帰ってきて休息する場所だった家の形とは異なる新たな家の概念で設計する必要があります。
新築を機に自宅に仕事スペースを取り入れたいと考える場合、家全体の広さは土地の広さによって制約されるので、土地が決まった段階、あるいは土地探しの段階で相談できる家づくりのパートナーがいると良いでしょう。

家は一生に一度の大きな買い物です。
リガードでは失敗しない家づくりのために定期的に勉強会を開催しております。
情報を知っているだけで数百万円も得をする場合も!?

これから家づくりを検討している方はぜひご参加ください。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD