REGARD

家づくりでもう喧嘩しないで。夫婦円満で理想の家を建てる

 

理想の家づくりは、夫と妻でしばしば異なるものです。
そのため、どんなに仲の良い夫婦でも家づくりの際に夫婦喧嘩が起こってしまうことはよくあることです。

家は建てた後、住んでからがスタートです。
どちらか一方が妥協ばかりしているような家づくりでは、住んでからどんどん溝が深まってしまうかもしれません。
今回の記事では、そんな取り返しのつかない大きな溝を産む前に、家族が全員ハッピーになれるような家づくりの方法を解説します。

どうしても譲れないことをお互い1つ持つ

家づくりにおいて、お互いに譲れない部分があるのは当たり前です。
お互いに絶対に譲れない部分を一つもち、家づくりの際に必ずそれはお互いに叶えられるようにしましょう。

一つでもこだわりの部分が家づくりに反映されれば、家への愛着もひとしおです。

事前にどんな家にしたいかじっくり話す

もし夫婦での話し合いをせずに施工業者との打ち合わせを始めた場合、夫婦それぞれの家づくりへの意見をそこで初めて知ることになります。
お互いに家づくりに対する理想像が違うので、そこで溝が産まれてしまい、打ち合わせが終わった後家に帰ってから、「何を言っていたの?」と喧嘩の要因となってしまいます。

それだけでなく、夫婦で意見がまとまらず、家づくりにも遅れが生じてしまう可能性もあるのです。

家づくりが本格的に始動する前に、夫婦それぞれの理想の家や姿を正直に話し合う機会を設けましょう。
お互いに理想の家についてのプレゼンを作りあって、紹介するのもオススメです。

家づくりを始める前にお互いの本音をぶつけあうことで、いざ作る際に衝突してしまうと言うことを避けることができます。

プロの第三者を挟もう

それぞれの理想を正直に話し合っても、お互いに譲れない部分が被ってしまうこともあるでしょう。
どうしても夫婦でらちがあかなくなってしまった場合には、お互いの意見を汲み取れる第三者を挟むのもオススメです。

リガードでは、家づくりのセミナーも随時開催しておりますので、ご夫婦で参加してみるのもオススメです。
家づくりについての様々なことを学んでいるうちに、こだわりたい部分と妥協できる部分が見えてくるかもしれません。

関連する記事を見る