REGARD

プチストレスを解消!育児しやすい間取りのポイント

育児は予想外の出来事の連続。自由奔放な子供に振り回されて、「家事がなかなか進まない……」という悩みを抱えているお父さん・お母さんは多いのではないでしょうか。育児のプチストレスを解消するには、子どもと一緒に長い時間を過ごす家の間取りも重要なポイントです。今回は、育児しやすい間取りのポイントについてご紹介します。

リビングに子ども用スペースを用意する

まずおすすめなのが、リビングに子ども用スペースを用意することです。「なるべく余計なものを減らしてホテルライクなおしゃれなリビングにしたい」という方も多いかもしれませんが、実際に育児が始まるとリビングで子どもと過ごす時間が多くなります。リビングが育児用品や子どものおもちゃでゴチャゴチャしてしまいがちです。しかし子ども用スペースを区切ることで、多少散らかっていてもすっきりした印象になります。子どもがおもちゃで遊んだり宿題をしたりしている間も、家事をしながら見守りやすくなります。

床を畳にしておくと、乳児期のお昼寝やおむつ替えもわざわざ部屋を移動する手間が省けて便利です。引き戸で仕切れるようにしておけば来客時にも気兼ねなく使えます。

対面式キッチンにする

他の家事は後回しにできても、食事の用意は毎日必要なもの。しかし食事を作るわずかな時間でも、小さな子どもは寂しがってスムーズに進まないことも多いです。そこで対面式キッチンにしておくと、料理しながらでも子どもを見守れるので便利です。対面式だと子どもも親も互いに様子が見えるので、顔を見て声がけするだけでも子どもは安心しやすくなります。

土間収納を広めに設ける

子育て中は、汚れているものやかさばるものを収納する機会も多いです。子どもの人数が増えればそれだけ収納スペースも必要となります。特に玄関周りのスペースは、ベビーカーを置いたり人数分の外遊び道具を置いたりするため重要です。土間収納を広めに設けておくと、収納場所に困りません。家の中に入れたくない汚れたものを一時的に置く場所としても役立ちます。

間取りで育児のプチストレスを解消しよう!

今回は、育児しやすい間取りのポイントについてご紹介しました。見た目も大切ですが、育児をする上では動線や使い勝手を考えた間取りにすることで家事・育児の負担を減らせます。お父さん・お母さんの負担を少しでも減らして自由な時間を確保できるように、参考にしてみてください。家づくりや間取りについてご希望がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。