REGARD

042-320-4422
床暖房

新しい家に新しい暖かさを

床暖房は家を建ててから導入をすると大がかりな工事が必要になってしまい大変なので、設置するかどうかは家を建てる際に決めるべきポイントであると思います。

しかし、導入して見て使わなかったらもったいない、エアコンで十分ではないか、と導入に迷っている人は多いかと思います。
そこで今回は、床暖房の様々な効能についてご紹介します。

「エアコン」VS 「床暖房」

床暖房の導入を迷う理由の一つに、「エアコンがあれば大丈夫じゃない?」というのがあります。

床暖房は足元から、エアコンは上から温めるので、床暖房とエアコンでは同じ設定温度でも人間が感じる暖かさが違います。

例えば、床暖房・エアコン設定温度は共に20度の場合。
床暖房では床表面が27度の時、部屋温度は足首から頭まで20度と体全体が一定の温度になるのに対して、エアコンでは床表面が15度、足首17度、胸元から頭が20度となった。
つまり、エアコンと床暖房では暖かさの広がりの質が全く違うのです。

床暖房で勉強効率Up

足元から温める床暖房を頭寒足熱型、頭の上から温めるエアコンを頭熱足寒型と呼びます。
これらの環境下で3つの異なった実験を行った結果、床暖房環境下での集中力安定、それに伴う記憶能力の向上、さらに短期記憶の再生がエアコン環境下より高いことがわかりました。

足元から暖まる床暖房の環境は、勉強する環境に適してるということを証明した実験結果になりますね。

床暖房でお年寄りにも優しく

冬場には暖かい部屋から廊下やお風呂などの冷えたところに移動した際の温度の急激な変化によって体内の血圧変動が引き起こされ、それによって様々な症状が起きるために怪我をされたり、最悪のケースとしては無くなってしまう場合もあるヒートショック現象が発生してしまいます。

床暖房で家全体を温めると、室内の温度変化は少なくなるためにこのような事故を未然に防ぐことができます。

また、こたつやヒーターなどその部分しか温まらない暖房器具を使用しているとどうしてもその場から動くのが億劫になってしまいます。床暖房なら部屋全体が温まるので、ちょっと物を取りに行くというような時でもスッと行動に移すことができます。
実際にこたつやヒーターで暖をとるお年寄りに比べ、床暖房を利用しているお年寄りの方の方が1日の活動量も多く、筋力も多いのです。

床暖房を高気密・高断熱の家で

リガードの家は高気密・高断熱。高気密高断熱の家では部屋の中の熱が外に逃げにくいため、家全体の温度差が少なくヒートショック現象を予防できます。
床暖房を施行するかどうかについては、お施主様のプライオリティや予算、求める効果などをしっかりとヒアリングして適宜ご提案しております。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD