新築物件の水回りスペース設計はなぜ大事?

水回りの設計を考えると言うことは、家を建てる上で避けては通れない道です。
と言うのも、水回りは家事動線にとって必要不可欠なもの、水回りの設計次第で毎日の家事や生活動線が如何様にもなるのです。

「これでいいや」と水回りの配置を決めてしまうと、後々後悔してしまうことにもなりかねません。

毎日の生活を大きく左右することになる水回りの設計。
水回りは配管等の制約もあるので、後でリフォームで大きく変更するのはなかなか難しい場所でもあります。
新築の設計の段階でしっかりとプランを練っておきたいものですよね。

新築の水回り設計はどうして重要?

水回りはお風呂や洗面台、キッチン、トイレなど生活をする上で必需行動を行う上で欠かせないスペースです。
必ず毎日、それも複数回使用するような家の要といっても過言ではないスペースです。

もしもの仮定ですが、例えば脱衣所と洗濯機が別々の場所にあったとしたら・・・

脱いだ衣服をわざわざ洗濯機の場所まで運んでから洗濯機を回さなければならず、毎日の家事に余計な一手間が増えてしまうことになります。

さらに洗濯機と洗濯物を干すバルコニーの位置が離れていたら・・・

毎日の洗濯の負担は想像しただけでも嫌になってしまうかもしれません。

このように、水回りの動線は特に毎日の家事に大きな影響を及ぼします。
毎日家事を行う人にとって、水回りの設計は本当に重要なものなのです。

ここが使いにくいと毎日の生活で気付かないうちにストレスを溜め込んでしまうことにもなりかねないのです。

わからないことは専門家がしっかりサポート

水回りの設計は特に家事のやりやすさに大きな影響を及ぼします。
しかし、設計時によく考えなくてはならないと言っても想像だけでは良い設計を思い浮かべるのは難しいですよね。
リガードでは、アトリエ建築家と家づくりを進めておりますので、水回りの設計もお施主様のご要望をしっかりと汲み取って家づくりに反映させて頂いております。

まずはお気軽にご相談ください。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD