REGARD

部屋が寒くてもう耐えられない…という方へ。家でできる防寒対策とは?

暖房費を節約しつつ寒さ対策をしたい・・・。

ついに本格的な冬がやって参りましたね。
日も短くなり、寒さも一段と増して家にいる時間も増えてくる季節になりました。

寒さが厳しくなると、室内の寒さ対策はより重要になってきます。
ヒートショックなどの危険を避けるためにも、部屋の中は快適な温度に保っていたいものですよね。
しかし、暖房だけでは足元が冷えてしまったり、何より電気代の心配もあります。

QOLの向上、健康維持の為に家の寒さ対策は必要ですが、なるべくならコストはかけたくないものです。
今回はご実家やマンションなどのご自宅でできる、暖房以外のエコな寒さ対策をいくつかご紹介します。

暖かい部屋を作るための3つの方法とは

厚手のカーテンにする

部屋の熱の約7割は、窓から逃げてしまうと言われています。
その為、家の防寒には窓の対策が欠かせません。
窓から暖かい空気が逃げないように、また窓から外の冷たい空気が入り込まないように厚手のカーテンにすると、まさに窓際対策となります。

また、厚手の生地のカーテンは見た目も冬らしく、温かな印象を与えるでしょう。

湿度をあげる

湿度が上がると体感温度が上がると言われています。
ですので、夏の暑い時期には除湿、冬の寒い時期には加湿をすることで温度と湿度のバランスが保たれ、心地の良い室温と感じやすくなります。

湿度を上げるには加湿器を使用するのが一般的ですが、加湿のしすぎは結露のリスクもあります。

過去記事では加湿器を使用しない乾燥HH対策、自然気化式加湿器についてもご紹介しています。
自然な加湿方法を探している方、電気代を節約したい方はぜひチェックしてみてください。

隙間テープを貼る

窓から熱が逃げるのを防ぐ為に、サッシに隙間テープを貼り隙間を防ぐ方法があります。

※ これからの時代に主流となる高気密高断熱の住宅は、窓の断熱性能・住宅の気密性能ともに高い住宅であり、隙間テープは不要といえる性能が保たれていなければなりません。

寒さ対策は「家づくり」の時点で既に始まっている

様々な寒さ対策をご紹介しましたが、最後に最新の家では隙間テープの対策は不要と述べたように、最新の家では家そのものに既に防寒対策が施されているのです。

高気密高断熱住宅は、家自体が魔法瓶のように暖かい空気を逃さない仕様になっているので、後から対策するよりもしっかりと室温をキープすることができます。

高気密高断熱住宅では、寒さ対策はもちろん、夏は涼しく、冷暖房効率をアップさせるため光熱費の節約にも繋がってきます。

リガードのLa Cura – Zeroは、Q値1.9、C値0.5という基準を設けて高気密高断熱の家づくりを行なっております。
家づくりを機に根本的なところから寒さ対策をし、「部屋が寒い」という体験とは無縁になりたいとお考えの方は、ぜひ一度リガードまでご相談にお越しください。

CATEGORY

断熱材,

関連する記事を見る