REGARD

042-320-4422

断熱材の一つ「ロックウール」とは

過去記事にて、断熱材の活用や種類についての説明をしました。

・冬のためだけじゃない!住宅における断熱材の活用と種類について

断熱材の一つに、ロックウールというものがあります。

ロックウールは鉱物から作られた人造繊維物です。

その作り方はわたあめと同じようなやり方で、材料となる鉱物を熱し、溶かして遠心力で飛ばしつつ固めるやり方となります。

ロックウールは繊維自体にたくさんの空気を取り込んでいるため、断熱性と保湿性が高いのが特徴です。

それに加えて吸音性能も高く、低周波から高周波まで幅広い音域を吸音できます。

そのため、住宅だけでなく空港やっ工業地帯などで使われることもあるんです。

さらに、耐火性にも優れています。

このような優れた特徴から、ロックウールは1938年から工業化して利用し始めた、とても歴史の古い断熱材です。

ロックウールとグラスウールの違いって?

繊維系の断熱材でよく利用されているのが、ロックウールとグラスウールです。

両者は性質と元の素材が違いますが、大まかな特性や断熱性などはそこまで変わりません。

ロックウールは前述した通り、鉱物が原料となっています。

一方、グラスウールの原材料はグラス繊維です。

その違いから、ロックウールの方が耐熱性がやや優れており、グラスウールは水を吸いやすくカビてしまうこともありますが、ロックウールは鉱物のため、水は吸いにくくカビないという利点もあります。

しかし、曲げたりなどの動きにはグラスウールの方が強く、ロックウールはそのような柔軟性が低くなっています。

価格はどちらも同じくらいです。

どちらの素材も断熱材として非常に優秀なので、住宅などにはよく用いられています。

断熱材についてはリガードまで!

前回の記事でも記載の通り、家を建てる上では断熱材は必要不可欠です。

種類や特性をある程度把握しておくと良いでしょう。

しかし、これについては高度に専門性を要するところもありますので、断熱材の適材適所といったところに関しては、プロに任せた方が確実です。

断熱性の高い家を建てたい方は、お気軽にリガードまでご相談ください。

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD