家を建てる上で忘れてはならない、車のこと

これから東京エリアに新しく一軒家を建てるとなった場合、今乗っている、もしくはこれから購入するあなたの愛車はどうしますか?
車がお好きな方なら、車のために屋根を設置することもあります。敷地内に駐車スペースが設けられない場合は、なるべく近場の駐車場を借りたりするのではないでしょうか?

しかし、それでも車を雨風から完全には守れませんし、都市部であればあるほど駐車場代がかさんでしまい、家計を圧迫してしまうといったこともありますよね。

それでも車を側に置いておきたかったり、通勤に使ったり、子供の習い事の送迎や買い物のために必需品であったり・・・
車を側に置いておきたい理由は人それぞれ様々な事情がありますが、ガレージハウスがあなたのお悩みを解決してくれるかもしれません。

そもそもガレージハウスとは?

ガレージハウスの「ガレージ」は、車庫・駐車場の意味です。
つまり、車庫・駐車場と家が一体化したもの、家の内部にガレージを持つ家がガレージハウスということですね。
(ガレージハウスはビルトインガレージとも呼ばれています。)

構造としては家の一階部分がガレージ、玄関等の居住部分、居住空間は2階(もしくは3階)に設置する場合が多いですが、デザイン次第で室内から愛車を眺めるような構造にしたり、様々な楽しみ方が可能です。

メリット

・雨風を防ぐことができる

壁・シャッターがあるので雨風から愛車を守ることができます。台風等の災害時でも物が飛んできて車が傷ついてしまったり、横転してしまったりといったリスクから守ることができます。
また、雨の日車から荷物を家に運ぶ際にも濡れずに便利です。

・防犯性が高い
オープン外構では車は外から丸見え、防犯上はとても心配ですよね。
ガレージハウスなら、大切な愛車を盗難や損傷などの被害から守ることができます。

・別の用途として使える

室内空間とはちょっと違った雰囲気のガレージ内は、駐車以外の用途にも活躍することができます。
例えば、車以外の別のコレクション等を保管したり、団欒の場としたり、パーティスペースにしてみたり・・・
お施主様のアイデア次第で使い方は無限大です。

注意点

メリットのたくさんあるガレージハウスですが、注意点もあります。

・自動車の台数によって居住スペースが変動する

ガレージハウスの場合、ガレージ部分も建物の建ぺい率・容積率に含まれるので、自動車のスペースを多くするほど居住空間が小さくなる場合があります。
土地選びの段階で、車の台数や大きさなどを考慮しておく必要があります。

・耐震性能
駐車スペースを設けることで壁面が少なくなるため、耐震性能に影響を及ぼす可能性があります。構造計算を行わない住宅の場合、特に注意が必要です。
※ リガードでは、全ての住宅について構造計算を行なっています。

車にも安心できる居場所を

趣味としてだけでなく、通勤や買い物、子供の習い事等自動車はライフスタイルに欠かせないものですよね。
だからこそガレージハウスを取り入れて、車とともにある暮らしを実現して見ませんか?

特に都市部では土地選びが難しく、車を持つとなるとインナーガレージという選択肢はより現実味を帯びるかもしれません。

リガードでは、ガレージハウスの施工を承ることができます。
大好きな車やバイクに囲まれる憧れの生活を実現するなら、ぜひリガードにご相談ください。

車やバイクも家である

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD