時間が経つと目立ってくる「壁紙」の劣化

家に住み始めた頃には綺麗な壁紙も、住んでしばらく経つと壁紙の汚れが目立ってきてしまうものです。

壁紙は日々の汚れの積み重なりによりどうしても汚れが蓄積されてしまいます。
食べ物の油汚れ、タバコのヤニ、子供の落書き、物がぶつかった際にできてしまった剥がれ、画鋲の穴、さらにはペットの臭い等が染み付いてしまうことも・・・

このように壁紙には日々の生活に伴う汚れが蓄積されていくため、一般的に壁紙は10年を目安に張り替えが必要だと言われています。

壁紙は壁全体に貼るもの、つまり室内の視界に常に入る場所にある重要な部材です。
壁紙の雰囲気次第で部屋の雰囲気も大きく変わるほど、インテリアにも大きな影響を及ぼします。

毎日必ず目にする壁紙に、汚れやシミ等が目立ってしまえば、嫌でもそんな汚れを毎日目にすることになります。

それでは毎日の気分に影響も及んでしまうでしょう。

また、来客時にも壁紙に目がいってしまわないか不安になってしまうものです。

壁紙を張り替えるのは結構大掛かりな作業になってしまいますが、壁紙の気になる部分がまだ小さければちょっとした補修で目立たなくすることができるかもしれません。

壁紙の「お悩み」には適切な対処法を

壁紙の「剥がれ」に対処する方法

クロスは一度剥がれてしまうと剥がれた部分が硬くなってしまい、普通の接着剤で貼るだけでは元に戻らない場合があります。

そのような場合は以下の方法を試してみましょう。

・剥がれた部分に木工用の接着剤を注入する
・隙間を塞ぐように接着剤を塗り広げる
・はみ出た接着剤を拭き取る

剥がれを補修するキットを使用する方法もあります。

壁紙の「破れ」に対処する方法

壁紙が破れてしまった場合には補修用の壁紙を貼って補修します。
破れた部分の周りを切り取り、その上に補修用の壁紙を貼り付け、元の壁紙にしっかり馴染ませます。

壁紙の「継ぎ目」に対処する方法

壁紙は一枚の壁に複数枚貼って仕上げるため、継ぎ目が生じます。
継ぎ目は時間が経ってくると隙間が空いてしまったりして目立ってきてしまうもの。
継ぎ目が目立ってきたらコーキング剤を使用すると目立たなくできます。

コーキング剤は様々な色が売られているので、ご自分の家の壁紙に近い色を選びます。

きちんとメンテナンスをして、住みやすさを維持する

新築のうちは綺麗な家も、住んでいるうちに補修が必要な部分がどうしても出てきます。
汚れや傷は、小さなうちに対処する方がご自身で修繕できる可能性もあり、コストも手間もかけずに済む場合が多いです。

しかし、どうすれば良いのかご自身ではわからないことが多いですよね。
リガードではアフターフォローもきっちり行なっておりますので、お住まいのことでお悩みがあれば建てた後でもお気軽にご相談ください。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD