REGARD

注文住宅の内装を決めているインテリアコーディネーターって?

家の内装一つで気分が変わる

毎日同じ部屋で過ごしていると、「ちょっとインテリアがマンネリ化してきたかな?」と思うこともあるかもしれません。そんな時、部屋の模様替えをしてみたり、雑貨屋さんで見つけた小物を飾ってみたりしてお部屋の雰囲気を少し変えると、気分まで変わってくるものですよね。

インテリアに合わせた間取り、壁紙の選択をすることができるのも注文住宅の魅力の一つでしょう。また、住み始めてからではなかなか大掛かりなインテリアの変更は難しいもの。引渡しの時点で大まかなインテリアを作っておく必要があります。家のインテリアをどうするか、北欧風にしたい、シャビーシックにしたい、インダストリアルな雰囲気にしたい…などの要望はあっても、それを自分で一から形にしていくのはなかなか難しいですよね。そんな時に頼りになるのがインテリアコーディネーター(IC)です。

注文住宅の場合、インテリアコーディネーターは何をしてくれる?

注文住宅の場合、インテリアも一から作り上げていくことになります。もしかすると、前の住居で使っていた家具や、どうしても使いたい家具なども、お施主様によってはあるかもしれませんね。
お施主様によってご要望が全く異なるのがインテリアですので、インテリアコーディネーターは実際にお施主様と顔を合わせ、理想の住まいのイメージをしっかりとヒアリングします。

まずは好きな色や形、好きな家具などお施主様の好みをヒアリングしていきます。例えば、壁紙やファブリックの好みを聞くなどです。
ピンクが好き、海外ドラマに出てくるような部屋に憧れる、ヨーロッパのアンティークが好き…など、お施主様の好きなイメージをお伺いして、それらを具体的に住まいのイメージに合わせてカラーや製品を選んでいき、お施主様にインテリアをプレゼンします。

ICにはそれぞれ得意分野があるので、過去の事例に基づき、好みに合うICをマッチングすることが大切です。

工務店にもインテリアコーディネーターはいるの?

国分寺の工務店・リガードでは、インテリアコーディネーターと協働して家づくりを進めております。お施主様のインテリアに関するご要望を聞き、具体的なインテリアプランに落とし込んでいきますので、理想とするインテリアに手が届きやすくなります。
インテリアにこだわった家づくりなら、国分寺の工務店・リガードにお気軽にご相談ください。

・お問い合わせ

CATEGORY

内装,

関連する記事を見る