REGARD

狭小住宅にこそ合う? やさしい光で空間を演出する間接照明の魅力

オシャレでやさしい間接照明の魅力

間接照明とは、光を直接当てずに、壁や天井などに反射させてその周囲を照らすものです。

間接照明を使った自宅というと、自分には敷居が高すぎるな…と感じられる方も多いと思います。

ところが、小さな出費で大きく部屋の印象を変えることができ、たいへん実用的な方法です。

リビングに間接照明を導入すると、とたんにリラックス空間になり、テーブルライトを使ったオシャレなベッドルームも演出できます。

今回は、間接照明の効果や魅力について、ご紹介したいと思います。

間接照明の効果とメリット

間接照明にすることで、直接照明とは異なるさまざまな効果が得られます。

間接照明の柔らかく温かい光にはリラックス効果があり、集中力を高めたり、心を落ち着かせて快眠に導いてくれます。

間接照明のスポットライトには視線誘導の効果もあり、観葉植物や壁の絵などにスポットライトの光を当てることで、視線を誘導して強調できます。

間接照明には、立体感により部屋を広く感じさせる意外な効用があるので、狭小住宅にこそ合う可能性があります。

間接照明で部屋に陰影をつくることで、空間にメリハリを出せるので、効果的に使うことで天井を高く部屋を広く見せることができます。

間接照明のことならプロに相談しよう

通勤先に近い土地を買いたいけど、予算内だとどうしても土地の面積が…という方も少なくないことでしょう。

照明器具を新しく購入しなくても、まずは身近にあるシーリングライト、ペンダントライトなどでイメージしてみると良いでしょう。

リガードは制約を満たしながら、様々な角度から住み心地のよい家を設計して参ります。

まとめ

狭小住宅でも間接照明を取り入れることで、部屋を魅力的でおしゃれな空間に変えることができます。

間接照明の効果を最大に生かして、快適に暮らせる住まい環境を実現しましょう。

CATEGORY

照明,

関連する記事を見る