REGARD

間接照明の種類と特徴 手軽に取り入れられるオススメの照明は?

間接照明のメリット

直接光を当てず、壁や天井などに光を反射して照らす間接照明。

オシャレなイメージでちょっと敷居が高いなと思われがちな間接照明ですが、間接照明の柔らかい光はリラックス効果があり、リビングや寝室などにピッタリな照明です。

主照明と違い、部屋全体は暗めになりますので、疲れを癒してくれますね。

また、間接照明には部屋を広く見せる効果もあり、狭いお部屋でも広く見せることができます。

間接照明を上手に取り入れることで、空間にメリハリをつけることができます。

間接照明の種類

間接照明には、大きく分けてコファー照明、コーブ照明、コーニス照明の3種類があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コファー照明

コファーとは掘り下げ天井のことを指します。

コファー照明は、掘り下げた部分に照明を仕込む方法です。

明るさはあまりありませんが、やわらかい光が広がり、リラックス空間に最適な照明方法です。

コファー照明は様々な形状を取ることができるので、どのような形状の部屋にも取り入れることが可能です。

コーブ照明

コーブ照明は、天井をアーチ状に照らす間接照明です。

天井が弓形である必要はなく、フラットな天井でも壁の片側または両側からアーチ状に天井を照らすことで、コーブ照明を取り入れることができます。

コファー照明と同じように、天井を照らしますが、コファー照明よりも照明できる面積が広く、明るい空間を作ることが可能です。

高天井に適した照明方法のため、壁面を有効利用したい場合に適しています。

コーニス照明

上記2つの照明が天井を照らす方法なのに対して、コーニス照明は壁面を照らします。

壁面を照らすことにより、空間に広がりを感じることができます。

テレビの背面に使用すれば、グレアをなくして見やすくする効果もあります。

手軽に間接照明を取り入れたいならコーニス照明がオススメ

リガードでは、手軽に間接照明を取り入れたい…というオーダーの場合は、コーニス照明の施工をご提案しています。

コーニス照明は掃除が比較的楽な間接照明なので、子育てや家事に忙しい30台を中心に人気の照明です。

オシャレさもお墨付きですので、ご満足頂けると思います。

CATEGORY

照明,

関連する記事を見る